夜間、排尿のために起きなければならない症状を夜間頻尿といいます。
死に直結するような病気ではないため、我慢する方が多く、病院を受診される方は多くはありません。
しかし、QOL(生活の質)には大きく影響しています。
50歳以上の約60%程度は夜1回以上の排尿回数というデータもあり、加齢とともに回数は増えていく傾向があります。

※参考文献:高齢者夜間頻尿の病態と対処
(日老医誌 2013;50:434―439)
□就寝後に1回以上は排尿の為に起きる事がある。

□日中、眠気が襲ってくることがある。
こういった症状は当たり前と思っている方も多いですが、夜間頻尿の可能性があります。

現在、生活向上WEB では夜間頻尿や頻尿などのモニターを募集しています。
臨床試験やモニターに参加して、専門の医療機関を受信してみませんか?

①参加条件チェックアンケートに回答する

まずはアンケートにご回答下さい。
3分で終わる簡単な内容です。

②参加条件チェック申し込み

アンケート画面下の項目に必要な情報を入力し、お申込み下さい。

③生活向上WEB からのご連絡

生活向上WEB よりメールもしくは電話にて連絡します。

④医療機関へのご来院

医療機関よりご連絡いたします。
日程調整し来院日を決めていただき、ご来院いただきます。
※条件によりお断りの可能性もあります。

専門の医師の診察を受けられる

臨床試験に参加をすると、専門の医師による診察や検査が受けられます。

試験参加後、試験に関わる費用の負担はございません。

試験にかかわるお薬、検査費用などは基本的に製薬メーカーが負担いたします。
また、そのほか、負担軽減費をお支払いいたします。

<負担軽減費とは?>
試験に参加された方にお願いする日常生活での運動や飲酒などの制限や入院・通院などによる時間的拘束、その他、交通費などに対して支払われる費用のことです。

相談しにくい事もしっかりサポート

臨床試験やお薬・病気に関する悩みは、専門の治験コーディネーターがあなたの立場に立ったサポートを行います。

いつでもやめる事ができます。

試験参加はご本人の自由意思です。
試験参加を辞めた後は通常の治療に戻る事が出来ます。
夜間頻尿の原因はいくつかパターンがあります。

・膀胱容量が少なくなっている
・排尿回数が増える
・睡眠障害など
・その他

その中には様々な病気が潜んでいる事もあります。
症状だけでは判断が難しい病気もありますので、一度、専門の医療機関に相談してみる事をおすすめします。
生活向上WEB では夜間頻尿や頻尿の試験やモニターなども募集しています。
気になる方は参加条件チェックをクリック!

Q1. 検診ではどんな検査をするの?

参加する試験やモニターによって違いますが、基本的には一般的な検査(身長、体重、採血)などですが、排尿日誌や問診などがあります。

Q2. 医療機関にいったら絶対に参加しなければいけないのですか?

参加する試験の説明(治験の目的、期間、メリット、デメリットなど)が記載された同意説明文書を参加希望される方に説明した上で治験参加の同意を得てから検査を行います。
説明文書に記載すべき内容は、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」で定められています。

Q3. 治験やモニターは必ず参加できるものですか?

必ずしも参加できるわけではありません。試験やモニターによって参加できる方の条件が決まっています。問診や検査によって、参加できるかどうかを判断します。

会員数70万人
生活向上WEB

臨床試験(治験)やモニター情報を掲載する
日本最大級の被験者募集サイトです。

生活向上WEBでは、患者様の立場に立って、
責任を持って臨床試験やモニターをご紹介しています。