治験ホーム生活向上コラム > 紫外線『SPF』と『PA』

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
紫外線『SPF』と『PA』
2006年05月18日
コメント数

外に出る事が多くなるこの時期に気になるのが日焼け。紫外線(UV)は、太陽から発せられる目に見えない光線の事で、日本ではこの紫外線の量や強さが4月頃から増えだし、5?6月にピークに達します。一日のうちでは、午前11時から正午までが最も強く、午後2時までに一日の半分以上の紫外線が降り注ぎます。
紫外線は、皮膚の奥まで入り込んでお肌を黒くしてしまうUVA波、皮膚の表面に炎症を起こすUVB波、ほとんど地表に届かないUVC波の3種類に分けられます。
日焼け止めクリームや化粧品に表示されている『SPF』や『PA』は、皮膚に影響するUVA波、UVB波の紫外線をカットする成分が配合されているということを表し、『SPF』は数値で、『PA』は+マークの数で、防止できるレベルを表現しています。

『SPF』
■皮膚の表面に影響し、シミやソバカスの原因になるUVB波を防止。

■数値×20分が効果持続時間の目安。50が限度

□SPF30では 30×20分で600分
(10時間)を目安に効果が持続するという意味。


『PA』
■皮膚の奥まで届いてシワやたるみの原因になるUVA波を防止。3段階表示。

PA+ 効果がある(日常生活に)

PA++ 効果がかなりある
(ちょっとした外出や通勤に)
PA+++ 効果が非常にある(海や山へのレジャーやスポーツに)


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : 紫外線 SPF PA UV





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。