治験ホーム生活向上コラム > 診察室での上手な会話アドバイス

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
診察室での上手な会話アドバイス
2006年07月31日
コメント数

●おおよその治療期間を聞きましょう●
1、2回の治療ですめば通院もさほど苦になりませんが、病気のなかには長期にわたり通院し、治療を続けなければならないものもたくさんあります。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病はその代表でしょう。
それを知らないと「いつまでも治らない」などと不安になったり、医師への不信感が生まれることも。長く付き合う病気とわかれば、上手にコントロールしようと思えるでしょう。どんな病気でも、診断時におおよその治療期間を尋ねる事をおすすめします。

●歯科治療はどこまで治療してほしいかを伝える●

歯科治療の場合も、最初に大体の治療期間を聞いておきたいもの。歯科の場合、痛みなどの症状が出てから行く人も多いのですが、最初にどこまで治してほしいのか(痛い歯だけを治してほしい、ごく初期の虫歯も含め全部治療して欲しいなど)も伝えましょう。

また、保険治療、自費治療のどちらを希望するかを伝えるとともに、おおまかな費用を聞きましょう


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : 診察室 会話 生活習慣病 歯科治療





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。