治験ホーム生活向上コラム > 副作用から生まれた薬

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
副作用から生まれた薬
2008年09月01日
コメント数

本来、薬を開発するにあたり、「この症状に対する薬を作ろう」「この症状を治そう」という目的を持って開発は行われます。

しかし、その過程から、開発本来の治療目的から外れて偶然、別の効果が発見される場合があります。副作用と聞くと悪いイメージが定着していますが、決して悪い事ばかりではないというお話を今回はしましょう。


今では誰もが知っている薬、「バイアグラ」。初耳だという方は、「バイアグラ」検索して下さい。

ファイザー社によって、血液の流れを良くするという効能を期待された薬の臨床試験が行われていました。心臓病など循環器系の疾病に、本来は効果を発揮することを期待されていました。

しかし、臨床試験中に思うような効果が得られず、初期段階より多めの量を投与する試験に変更されました。
それでも思うような効果は得られなかったのですが、その薬を投与された被験者から、今で言う「バイアグラ」の効果が次々と申告されてきたのです。そして、男性用治療薬の「バイアグラ」が生まれました。


また、育毛剤「リアップ」も副作用から偶然発見された薬です。

本来、リアップは血圧を下げる薬として開発されました。

米国アップルジョン社はリアップの有効成分、ミノキシジルを血圧降下剤として開発しました。
ところが臨床試験中に時間経過と共に被験者の方から毛が生えてきたのです。

こういった経緯を経て育毛剤「リアップ」の発見となったのです。

これらのお話は、臨床試験中に起きたお話ですので、皆さんが薬を使用する際は、「本来の目的、使用方法」を必ず守って使用しましょう。

世の中にはまだまだおもしろい薬の発見秘話があるので引き続きみなさんにお伝えしていきたいと思います。


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : 副作用 新薬 バイアグラ 育毛剤





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。