治験ホーム生活向上コラム > 何の数字でしょう?

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
何の数字でしょう?
2008年09月22日
コメント数

■2007年
男 79.19
女 85.99

■1671年頃(江戸時代)
男 36.8
女 29.0

この数字は、日本人の今と昔の平均寿命を表しています。
具体的な数字を見てみると、医療発展のすばらしさいうものを改めて感じることができます。
その反面、現代になって昔にはあまりなかったような病気が増えてきたことも事実です。

ノロウィルスや鳥インフルエンザ。又、ストレス社会と言われる現代、ストレスからの病気を抱える人が急増しています。

実際に1996年には43.3万人であった「気分障害」(うつ病、躁うつ病、気分変調症等)の総患者数が、2005年には92.4万人と6年間でなんと2倍以上になっているというデータもあります。

やはり新薬開発の現場でも精神系のお薬は、現在沢山の種類が開発されています。

患者は、病気や怪我を治してもらうことが目的ですし、医者は治療することが仕事です。
しかし、その過程の中で心のケアをしていくことがとても重要であり、重きをおいている病院も多々あります。

ちなみに、江戸時代の医者も患者の不安な気持ちを取り除くため、病気平癒を祈願する絵馬やまじない絵も盛んに作っていたそうです。どの時代も、心は大切にされていたのですね。

「病気は気から!!!」


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : 気分障害 新薬 平均寿命 医療発展





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。