治験ホーム生活向上コラム > あくびはうつる?―あくび菌の正体―

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
あくびはうつる?―あくび菌の正体―
2009年01月27日
コメント数

人のあくびを見ると自分もあくびが出ることってありませんか?


いわゆる「あくびの伝染」「あくびがうつる」と言われるもの。

うつると言っても"あくび菌"なんてものがあるわけではないのです。


あくびは、脳が酸素不足の時に起こる反射の一種です。


吸う空気の二酸化炭素濃度が上がると、肺の中の空気を入れ換えようとあくびが発生します。


同じ部屋の中にいる人は、同じ空気を吸っている、つまり二酸化炭素濃度の高い空気を吸うこととなり、あくびをしやすくなります。

これがあたかもあくびがうつったように見えるわけです。


ちょっと、あくびをして周りをみてみませんか?


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : あくび 二酸化炭素濃度 酸素不足 伝染





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。