治験ホーム生活向上コラム > 新型インフルエンザに対して『マスク』って本当に有効!?

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
新型インフルエンザに対して『マスク』って本当に有効!?
2009年05月29日
コメント数

新型インフルエンザの出現から、僅か一ヶ月で、感染者は既に世界では1万2千人以上、日本国内では350人以上報告されています。
街中ではマスクを着用する人が増えていますが、マスクは必要なのでしょうか?

Q1.インフルエンザウイルスにマスクは本当に有効?

Answer
私たちが呼吸する際、マスクは外部から埃や塵を防ぎます。
しかし、新型インフルエンザウイルスは10000分の1ミリの大きさですので、マスクの穴の大きさではウイルスは素通りです。
マスクの繊維よりもウイルスが小さいため、マスク自体でウイルスの進入を完全に防ぐ事はできません。

Q2.ではマスクは何のためにするの?

Answer
マスクは、風邪・インフルエンザに感染している患者が他人に伝染させないためにエチケットとしてします。
風邪を引いた時は、咳・くしゃみ・鼻水でウイルスを含んだ分泌物を撒き散らしにくくする効果があります。
インフルエンザウイルスは空気感染せず、唾などの体液に含まれたウイルスによる飛沫でしか感染しません。

Q3.マスクにはどんな効果があるの?

Answer
吐く息がマスクに残り、その水分で保湿効果が生まれ、喉の乾燥を助けます。
又、ウイルスは湿気に弱く、乾燥した状態では活発に動きます。
寒い季節は、外気温度が低く、また熱が逃げにくいため、吐くことにより保温効果が生まれ、気管の状態を助けます。外気からの花粉、埃、ウイルス等から守ります。

Q4.結局どうすればいいの?

Answer
マスクの使用で感染を100%防げるわけではありません。
やはり、人混みを避け、手洗いやうがいを徹底することが重要です。
そして、睡眠や食事を十分とり、抵抗力を高めた上で、マスクを着用することが新型インフルエンザへの対策になるのではないでしょうか。


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : インフルエンザ マスク ウィルス 感染





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。