治験ホーム生活向上コラム > ビタミンA欠乏・過剰症?

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
ビタミンA欠乏・過剰症?
2009年07月14日
コメント数

ビタミンAには、レチノールなどの食事から直接ビタミンAとして作用するものと、
カロテンなどの体内でビタミンAに変換されるもの(プロビタミンAと呼ばれる)があります。
プロビタミンAは体内に必要な分だけビタミンAに変換され、残りは抗酸化作用を発揮するため、
過剰症の心配がほとんどありません。


<ビタミンAの働き>
・皮膚や粘膜の健康を保つ
・免疫機能の維持
・視力を正常に保つ

<ビタミンAが欠乏する原因>
・食生活
・ストレス

<ビタミンAが不足すると>
・肌がカサカサになる
・風邪をひきやすい
・目のかゆくなったり乾燥する
・夜盲症(暗い所で目が見えない)
などの症状が現れます。

<ビタミンAが過剰になると>
・脳圧亢進
・奇形児の発生
・頭痛、吐き気など
などの症状が現れます。

<普段の生活で気をつけることは?>
・欠乏症を防ぐためには、ビタミンAやカロテノイドを含む食品
(人参、かぼちゃ、ホウレンソウなどの緑黄色野菜やサツマイモ、オレンジなど)
を摂取するよう心がけましょう。

・過剰症を防ぐためには、ビタミンAを多く含む食品
(特に、レバーやアンコウ肝、うなぎ)の大量摂取を控えましょう。


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : ビタミンA レチノール カロテン ストレス





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。