治験ホーム生活向上コラム > 【ダイエット情報 ~パート2~】 朝食抜きダイエットは、逆に太るの?!

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
【ダイエット情報 ~パート2~】 朝食抜きダイエットは、逆に太るの?!
2011年03月04日
コメント数

今回は、『朝抜きダイエット』についてです!

朝は朝食を食べる時間がなかったり、食欲がなかったりという人が多いことから、3食のうち1食抜いてダイエットをするなら、朝にしよう!と思っている方が多いのではないでしょうか?しかし、この『朝抜きダイエット』、痩せるどころか、逆効果だということをご存知ですか?

確かに、1食抜くことにより、1食分のカロリーが減るわけですから、ダイエットに効果的!と思いがちになりますが、しかし総合的に見ると、実は朝抜きダイエットは、痩せるどころか逆に太りやすくなるので逆効果なのです。

朝食を抜き、今まで摂取していた1食分のカロリーがなくなることで、体が次に食べ物が入ってくる時までに、今ある脂肪を出来るだけ蓄えなきゃいけない!!と認識し、脂肪を蓄え込む様になります。また、食事を抜くことで基礎代謝や筋肉量も減少し、脂肪が燃焼しにくくなるので、余計太りやすい体質になってしまいます。

ちなみに、厚生労働省の国民栄養調査によるとは、食事を1食以上抜いている人は、3食きちんと食べている人よりも皮下脂肪が厚いというデータがあるそうです。皮下脂肪は、皮膚の下についている脂肪で、プニュプニュするものが主に皮下脂肪です。この脂肪は、落ちにくく、ゆくゆくは、肌をでこぼこさせるセルライトに変身することもあります。

さらに、最近では、朝食を抜く人が糖尿病になりやすいといわれているそうです。空腹時間が長くなると脳が食欲を高め、逆にお昼や夜に大量に食事を摂取してしまうこともある為、血糖値が上がりやすくなり、糖尿病や生活習慣病などを招く恐れがあるそうです。

朝食から摂取するカロリーは、その日1日分の活動力のもとになるわけですから、抜いてしまうと、脳や体内に悪い影響を与え、痩せるところか逆効果になってしまう恐れもあります。十分ご注意下さい!


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : ダイエット 朝抜き 糖尿病 生活習慣病





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。