治験ホーム生活向上コラム > 【ダイエット情報 パート3】 りんご・洋ナシ・バナナ、あなたはどのタイプ?

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
【ダイエット情報 パート3】 りんご・洋ナシ・バナナ、あなたはどのタイプ?
2011年03月11日
コメント数

ベルトの上に脂肪がのるお腹や、ほっそりとしたお腹…

実は、これらの体型を決めているのは、肥満遺伝子という太りやすくなる遺伝子が原因かもしれません。

現在では、その肥満遺伝子の種類は50種類ほどあるとされているそうですが、日本人は、主に3種類のタイプに大きく分けられるそうです。

さて、あなたは、一体どのタイプになるのでしょうか!?


━━【リンゴ型:お腹ぽっこりタイプ】━━━━━━━━━━━
お腹周りをはじめ、上半身に脂肪がつきやすいのが特徴のこのタイプは、『りんご型肥満』=『内臓脂肪型肥満』とも言われ、主に男性や、中高年の女性に多く見られます。

このタイプは、糖分の代謝をうまく行えない為、内臓に脂肪が蓄積されやすく、お腹がぽっこりと出てしまう様です。さらに、内臓脂肪は生活習慣病を始め、糖尿病、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心臓病などの病気を引き起こす可能性が高いそうです。

また、このタイプは運動をすると脂肪が落ちやすいので、有酸素運動が効果的だそうです。


━━【洋ナシ型:下半身太りタイプ】━━━━━━━━━━━
下腹や、お尻、太ももなどに脂肪がつきやすいのが特徴のこのタイプは、『洋ナシ型肥満』=『皮下脂肪型肥満』と言われ、特に女性に多く見られます。

このタイプは、脂分を含む食べ物を好む傾向にあり、脂肪の代謝をうまく行えず、皮下脂肪が蓄積されやすいそうです。また、内臓脂肪に比べ皮下脂肪は、1度蓄積されるとなかなか落としにくいというのが特徴です。

このタイプは、脂肪分の食べ物を控え、運動+筋肉トレーニングを行うとよいそうです。


━━【バナナ型:ほっそりタイプ】━━━━━━━━━━━
見た目はやせてほっそりしているけれど、脂肪と筋肉が付きにくく、1度脂肪がついてしまうとなかなか脂肪が落ちないのが特徴のこのタイプは、『バナナ型肥満』と言われています。

このタイプは、たんぱく質の分解が早い為なかなか筋肉がつきにくいのですが、たんぱく質を積極的に取り、運動をすると良いそうです。


運動は、時間がないし、めんどくさいから継続するなんて無理!と最初から思ってしまいがちですが、「継続は力なり」というように、根気強く続けていれば、きっと良い結果に繋がります。


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : ダイエット 美容 生活習慣病 糖尿病





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。