治験ホーム生活向上コラム > 意外と知らない?薬の飲み方

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
意外と知らない?薬の飲み方
2012年02月17日
コメント数

お薬は飲み方によって、効果が無くなったり逆に効果が強くなりすぎてしまったりします。

今回はお薬の飲み方と注意点についてのお話です。


【基本の飲み方】
薬の処方時に、最も有効で副作用の少ない飲み方を指示されるので、それに従います。

・食前…食事の30分前~直前の空腹時に服用。
・食後…食後30分以内に服用。
・食間…食事と食事の間という意味なので、食後2時間以内に服用

【注意すべき飲み合わせ】
薬は、コップ1杯の白湯で、体を起こして飲むのが基本です。同じ水でも、冷水にするだけで一気に吸収が悪くなります。
また、唾液だけで飲み込むのも、食道の炎症などを引き起こすので危険です。

水以外の飲み物で薬を飲んでしまうこともありますが、薬との飲み合わせによっては体に害がある場合があります。

・グレープフルーツジュース
抗生物質、胃腸薬が分解されたり吸収されにくくなったりして、効果が薄れてしまいます。
また、降圧剤や睡眠導入剤の場合、効きすぎて生命の危険に繋がることもあります。

・牛乳
抗生物質の吸収が悪くなったり、薬によっては胃で溶けてしまい効果がなくなることがあります。

・アルコール
睡眠剤・抗不安剤は効きすぎて記憶障害、幻覚、悪夢などがあらわれ、降圧剤は血圧が低下しすぎるなどの副作用が生じます。他の薬でも、効きすぎたり副作用が起こる可能性が高いので非常に危険です。

・カフェイン含有飲料(コーヒー、緑茶、紅茶など)
カフェインが含まれているお薬の場合、カフェイン含有飲料での飲むとカフェインの作用が増強してめまい、
動悸などの症状がでます。

このように、体のために飲んでいる薬でも、飲み方や飲み合わせによっては健康に悪影響を与えかねません。
使用上の注意をよく読んで、正しく服用するようにしましょう!


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : 薬 白湯 飲み合わせ 副作用





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。