治験ホーム生活向上コラム > つらい乾き目に!ドライアイの回復法

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
つらい乾き目に!ドライアイの回復法
2012年05月18日
コメント数

長時間のパソコン作業やコンタクトレンズの着用、エアコンによる乾燥などで、
目の乾きを感じることはありませんか?ドライアイは立派な目の疾患です。
症状がひどくなる前にドライアイについてしっかり理解しましょう!

【ドライアイとは】

目を乾燥やごみ、細菌などから守る役割を担っている涙の量が減ってしまうと、
目の表面が乾きドライアイの状態になってしまいます。

ドライアイになると、以下のような症状が現れます。

(1)目が乾く、しょぼつく
(2)目が痛い、ごろごろする
(3)目がかゆい
(4)まぶしい、目がちかちかする
(5)涙が異常に出る

(5)の涙が異常に出るというのは一見ドライアイと矛盾するように思えますが、
目の表面が乾くことによって、目の潤いを保つために分泌される涙とは別の反射性の涙が止まらなくなるという現象が起こることを指します。


【ドライアイの治療】

ドライアイの治療は、一般的に人工涙液やヒアルロン酸含有の目薬を点眼する方法をとりますが、
これは一時的な応急処置に近いもので根本治療にはなりません。

最も重要なことは、自分の涙液を質・量ともに回復することであり、
それはトレーニングによって改善可能だといわれています。


【トレーニング方法】

(1)瞬き体操
目をぎゅーっとかたく閉じ→ぱっと開いたら連続10回まばたきをします。
これを3回繰り返すだけで、涙腺が刺激され汚れが取り除かれます。
次にあくびをします。これできれいになった涙腺に涙が通ります。

(2)マイボーム腺マッサージ
マイボーム腺とは、まつげの生え際にある小さな穴のことで、
油分を分泌し、油膜を作って涙の蒸発を防ぐ役割を果たしています。
ここがつまっていると油分が分泌されず、涙が蒸発してドライアイとなってしまうので、
マッサージによってつまりを解消する必要があります。

まず、蒸しタオルを目に当ててまぶたを温めます。
次に、清潔な手の中で目に入っても問題のないベビーシャンプーをお湯で泡立てます。
目を閉じて、人差し指の腹をまぶたの上に当て、水平方向に10回マッサージします。
同様に中指、薬指、小指でも行います。
マッサージが終わったらベビーシャンプーを丁寧に洗い流してください。


これらのトレーニングをこつこつ継続して、つらいドライアイを克服しましょう!


■コメント (24)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


最新 << 前ページ 1 2 3 4 次ページ >> 最初
アバター
ぶーにん
[茨城県]
2012年05月23日 01時00分21秒
正真正銘のドライアイ患者です。マイボーム腺のこと聞いたことあります。このようにマッサージするんですね。やってみます。


アバター
にゃーこたん
[愛知県]
2012年05月22日 12時08分34秒
勉強になりました!


アバター
autumnyu
[東京都]
2012年05月21日 21時19分53秒
コンタクトを着用しているので、ドライアイには気を使って市販の目薬をよく点眼していました。
割と涙目なので、目薬が効いているのだと思っていました。
このコラムを読んでびっくり!!
瞬き体操とマッサージを早速、実践してみます。
ホットタオルは確かに目が休まりますよね。




アバター
ねこ丸
[大阪府]
2012年05月21日 18時25分45秒
友達がドライアイで悩んでいて、よく「蒸しタオルをしたら楽になる」と言っていました。マイボーム腺のマッサージになっていたのですね。


アバター
naomix
[大阪府]
2012年05月21日 09時55分46秒
やってみます


アバター
hirayan
[東京都]
2012年05月20日 21時43分15秒
タイムリーな企画でした。


最新 << 前ページ 1 2 3 4 次ページ >> 最初

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : ドライアイ 目 まぶた マイボーム腺マッサージ





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。