治験ホーム生活向上コラム > なぜ?足を組んでしまう理由とは

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
なぜ?足を組んでしまう理由とは
2012年07月20日
コメント数

無意識に足を組んでしまう事ってありませんか?

人はなぜ足を組んでしまうかといいますと、『体の重心の調整のため』だそうです。

人はお尻にある座骨と脊椎によって座るバランスを取ります。
しかし多くのイスは座高や足の長さ、お尻の大きさなど座る人の様々な条件に合うようには作られておらず、バランスが崩れてしまいます。

例えば前かがみの体制で浅めにイスに座ると、脊椎の腰にあたる所は後方に曲がってしまい、重心が後の方へ行ってしまいます。
結果、前の方へ重心を移動させるため足を組み、重心の偏りを解消したくなります。

また片方の手で物を持つ等をすると上半身の姿勢が左右で違った状態になり、片方のお尻に重心が集まった場合、重心が集まったお尻の方の足を組むことにより、バランスの取れた状態に持っていこうとします。

ここまで聞くと、座ったときのバランスを取ろうとしているだけで、特に悪い事ではないように聞こえますが、足を組み続ける事によって体には様々な影響が出てきます。

足を組む事のデメリット。
・足の血流が悪くなる。
・骨盤がゆがむ。
・姿勢が悪くなる。

特にこの骨盤が歪むというのがやっかいなのです。

骨盤はゆがむと自力ではなかなか治せないのが難しいところです。
そして骨盤のゆがみは、さまざまな合併症を引き起こす原因となります。
腰痛や生理痛の悪化、椎間板ヘルニアや自律神経失調症などです。

また足を組む事により、片方の足だけに強い力がかかってしまいます。
すると骨が本来の位置からずれてしまったり、筋肉のバランスが悪くなったりします。
そのため、血液やリンパの流れが滞り、新陳代謝が悪くなってしまいます。
また足のむくみが起こりやすくなるため、太る原因になるとも言われています。

健康な身体のためには、頻繁に足を組むのは控えた方がいいかもしれませんね。


■コメント (29)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


最新 << 前ページ 1 2 3 4 5 次ページ >> 最初
アバター
はやめよねお
[福岡県]
2012年12月26日 04時44分11秒
体に左右ズレがあることはいつも感じていました。ズボンがいつもずれてしまうんです。足を組むくせも当然ありいつも同じ足の位置で組んでいるので逆にすると落ち着きません。体の癖が腰痛につながっていることはわかるんですが気がつくと組んでいるという状態です。


2012年12月23日 21時49分44秒
足をカッコよくくんでカッコいいと思ってましたが、もう止めます。


アバター
はるまま
[茨城県]
2012年09月25日 00時15分54秒
昔モデルの方が、絶対に足は組まないと言っていましたが....この様な理由からだったんですね。体の歪みや血行不良は、体型に関わりますもんね。今更ですが、少し見習わなければ。


アバター
ぶーにん
[茨城県]
2012年07月27日 23時40分58秒
私は、数年前から足を組むのを止めています。カイロプラクティックで言われ、慣れるまで時間はかかり、気がついたら組んでましたがいつしか体が慣れ今では足を組むことはなくなりました。姿勢が悪いので骨盤、歪んでいます。人間の身体って厄介ですね。


アバター
りんどん
[神奈川県]
2012年07月27日 17時13分10秒
私も気を付けないと・・中1の息子もよく組んでいるので注意してみます。


アバター
ゲスト
[島根県]
2012年07月27日 13時49分52秒
参考になりました。無意識に右足を上に足を組んでいます。たぶん骨盤が歪んでいるんだろうという気にはなっていましたが。記事を読んでやっぱり!という感じでした。


最新 << 前ページ 1 2 3 4 5 次ページ >> 最初

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : 足を組む むくみ 血流 重心





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。