治験ホーム生活向上コラム > 乾燥の季節、化学繊維とのお付き合い【読む時間 2分30秒】

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
乾燥の季節、化学繊維とのお付き合い【読む時間 2分30秒】
2013年01月11日
コメント数

寒い毎日が続き、お肌の乾燥が気になる季節になりました。乾燥したときは、化学繊維がさらに肌のかゆみを誘発してしまうことも。手袋、靴下、ストッキングなど・・・あらゆるところに化学繊維の存在があります。乾燥の季節、化学繊維とはどうお付き合いしたら良いのでしょう?


化学繊維はなぜかゆくなる?
化学繊維(ナイロン、ポリエステル)などの素材の洋服を着ると「かゆい」と思った経験のある人は多いのではないでしょうか。そして、これらの繊維を敬遠するようになり、繊維に対するアレルギーを疑う場合も。実際に、化学繊維アレルギーは存在します。このアレルギーは、化学繊維の生産過程で使用される薬剤が主な原因となって体が反応するものです。そしてこの場合は、衣類だけでなく寝具等との接触でもアレルギー症状がでます。このような症状がある方は、専門医に診てもらいましょう。一方、乾燥の季節だけかゆみを感じる場合、それはアレルギーではなく乾燥した肌に化学繊維の『表面が荒い部分』や『太い繊維の端』があたって刺激を与えている可能性が!特に首回りや背中などうっかり保湿を忘れてしまいがちな箇所は要注意です。


かゆい原因はブランドタグや洗濯表示タグにも
首の後ろ側やわき腹がかゆい・・・こんな場合は衣類のブランドタグや洗濯表示タグが乾燥した肌と摩擦を起こしてかゆみの原因になっている場合も。例えば綿100%のシャツを着ても、タグは化学繊維で作られていることがしばしば。かゆい場合は、思い切ってタグを外してみてもいいでしょう。


保湿や直接肌に触れない工夫を
多くの化学繊維は、保湿性と通気性が低く静電気が起きやすい特徴があります。これは、乾燥した肌には悪条件!しかし化学繊維は、強度があり型崩れしにくいのがメリットです。近年流行の高機能アンダーウェアは化学繊維で出来ていますし、現代のファッションには欠かせません。アレルギーでない場合は、肌触りの良い化学繊維の衣類選びが大切です。肌に優しいシルクが混入された衣類もおすすめ!肌の保湿をしたり直接肌に触れないようにしたり工夫して、化学繊維と上手にお付き合いしましょう!


■コメント (4)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


アバター
すかぼん
[兵庫県]
2013年01月29日 12時52分18秒
ブランドタグでかゆいと言うよりも痛いときが有る


アバター
ゲスト
[東京都]
2013年01月15日 13時18分34秒
確かに!ブランドタグがかゆいことがあった。

洋服を脱ぐとき、静電気がバチバチすごかったけど
シルク混のインナーにしてから、
静電気が収まった気がするのは・・・・
気のせいでは無かったんだな。



2013年01月15日 07時43分30秒
冬場は、就寝中に無意識のうちに腕を掻いてしまっていて、朝起きたら、結構大変なことになっています。シルクという発想は、全くありませんでした。


アバター
おかめ
[東京都]
2013年01月14日 09時04分36秒
シルク…お手入れが大変ですね。真夏も真冬もアレルギーにはすごしにくいです



治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : 化学繊維 アレルギー かゆみ 乾燥





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。