治験ホーム生活向上コラム > 正しいお酒の飲み方

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
正しいお酒の飲み方
2013年07月05日
コメント数

暑い日が続き、冷たいお酒の量が増えた方は多いのではないでしょうか?
今回は正しいお酒の飲み方についてご紹介します。

●適正飲酒
適正飲酒の目安になる数値が「アルコール血中濃度」です。酔いの程度は脳内のアルコール濃度によって決まります。

・アルコール血中濃度(%)の計算式

アルコール血中濃度(%)=飲酒量(ml)×アルコール度数(%)÷833×体重(kg)
血中濃度(%)の数値が0.02〜0.04が爽快期となり、適正飲酒と言えるでしょう。

血中アルコール濃度が0.15%を超えないようにするのが大事なポイント。空腹で飲み始めると、急速に血中濃度が高くなるので注意が必要です。

●やってはいけいお酒の飲み方
・チャンポン
・飲んでいる時、飲んだ後に塩分が多いおつまみ、ご飯を食べる
・空腹で飲む
・一気飲み
・喫煙しながら飲む
・アルコールの強いお酒だけ飲む

●最後に
イギリスの学者マーモット氏は、「お酒を飲み過ぎたり、まったく飲まないよりも、適度に飲むことで死亡率は低くなる」という研究結果を報告しています。アルコールが血液中の善玉コレステロールを増やし、高血圧、虚血性心疾患、脳卒中等を引き起こす動脈硬化を防ぐ効果があるとされています。

健康と程遠いと勘違いされがちなお酒ですが、適度な量をきちんとコントロールできたら、身体に良い効用も期待できます。楽しく健康的なお酒とのお付き合いを考えてみてくださいね。


■コメント (2)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


アバター
おとん
[北海道]
2013年07月28日 09時51分40秒
計算式がよくわかりません アルコール度数の数値は 20で計算するのか 0.20で計算するのかどちらでしょうか



アバター
こころち
[東京都]
2013年07月14日 13時38分45秒
周りから、齢をとったらお酒は飲まない方が良い。と云われるが、若い時から酒好きで、生活には欠かせなかった。
現在は週4日、3日は休肝日をとっている。お酒を辞めることは考えられないが、老年になると、若いころのように
大量に飲めなくなる。日々、楽しんで飲んでいる。最近では、大病をしない毎日を過ごしている。







会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。