治験ホーム生活向上コラム > 暗いところで本読むと目が悪くなる?

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
暗いところで本読むと目が悪くなる?
2013年11月01日
コメント数

昔から、暗いところで本を読むと、目が悪くなると言われ注意されてきましたよね。
実は、「暗いところで本を読むと目が悪くなる」という俗説は、医学的な裏付けがないことが明らかにされています。

暗闇の読書は、不適切な照明によって焦点を合わせづらくなるために、目に緊張を与え疲れを感じやすくなり、一時的には目が、かすんだりピントが合わせづらくことはあります。しかし、機能や構造に永久的にダメージを与えることはありません。明るさは関係ないそうです。

しかし、暗闇での読書はやはり気が進まないですね。みなさんも一工夫してから夜の読書を楽しんでいただきたいです。

眼の視力が悪くなるということよりも、まず先に暗闇で本を読むと、瞳孔が大きくなり、焦点を合わせづらくなってしまうようです。それによって、目の筋肉に負担が掛かって疲れやすくなり、眼精疲労等の原因になる事もあるようなので、出来るだけ、環境の良い所で読書をすることをおすすめします。


■コメント (1)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


アバター
かりん
[宮城県]
2013年11月03日 18時02分01秒
乱視での見え方も明るいところと暗いところで違うという経験がありますが、やはり瞳孔の開き方が理由みたいです。







会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。