治験ホーム生活向上コラム > 乳がんとチョコレートの効果

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
乳がんとチョコレートの効果
2014年03月14日
コメント数

前回の治験コラム「チョコレートの効果」のコメントにて
乳がんの再発転移防止にも「チョコレートの効果」はあるのでしょうか?
それとも他のポリフェノールでも同様の効果があるの?という質問をいただきました。
以下にてまとめてみました。

乳がんの方は高脂肪の乳製品を避けた方がいい、
乳製品の摂りすぎは乳がんになりやすい、と聞いたことはありませんか?
これは、乳製品を多く食べている国ほど乳がんの発生率が高いために言われています。
よって乳製品が比較的多いクリームやミルクが入っているチョコレートよりも乳製品の少ないブラックチョコレートの方が予防にはおすすめだと言えるでしょう。
しかし現段階では、乳製品と乳がんとの正確な関係性は明らかになっていません。

乳がんとポリフェノールには大きな関係があります。
乳がんの原因は様々ですが、過剰な活性酸素が乳がんを発生し進行させます。
そこで、ポリフェノールの「活性酸素の働きを抑え抗酸化力を高める」働きが乳がんの対策になるのです。

強力な抗酸化作用を持つ食品としては、赤ワイン、バナナ、春菊、納豆などの発酵食品。
コーヒーにもがんの対策にもなるといわれるポリフェノールの一種であるカフェ酸が含まれています。
リコピンにも抗酸化作用があります。リコピンが豊富な食品はトマト、苺やキウイです。

カカオポリフェノール、赤ワインのポリフェノールなど、どのポリフェノールを摂っても同じ働きをするとは限りません。
抗酸化作用があることは共通していますが、ポリフェノールの種類によっては水に溶けやすい、タンパク質と結びつきやすいなどといった特性があります。
特に注目なのは大豆ポリフェノールです。大豆ポリフェノールには、女性ホルモンに似ている作用があるので、乳がんにもある程度の効果が期待されます。

2005年には、チョコレートが乳がんの細胞を増やす働きを抑える効果があるという論文も発表されています。
ただし、ポリフェノールは1種類より、多くの種類のポリフェノールを摂ったほうがよいことから、チョコレートにだけに偏らないように気をつけて下さいね。


■コメント (3)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


アバター
★詩★吟子
[鳥取県]
2014年03月29日 15時07分49秒
食欲があるので、玄米を食べたりです。太らないこと!!いろんな情報が多く、選びにくいけど、主食から健康をいただきたいです!!


アバター
ルル風子
[東京都]
2014年03月19日 15時32分10秒
乳がんは発症が低年齢化しているし女性としては自分で確認できる癌だと思います。月に1度でも丁寧に自分の乳房に触れてみませんか。発見が早ければ温存手術も発達している現代では周りに気が付かれずに治療も可能だと思います。50代の私も毎年乳がん検診を乳腺外科で受けています。安心は自分で引き寄せたいと思います。



アバター
ゆっこちゃん
[千葉県]
2014年03月15日 17時28分06秒
私は53歳のときに乳癌になり、そのときのステージはⅢで、5年生存率は50%と言われたのです。白血球の戻りが遅くてほとんど抗ガン剤は使えませんでした。5年経過したときの検査でも、改めて私はそんなに悪い状態だったのかドクターにお聞きしたところ、カルテを見てよく元気でいましたねという言い方をされたので、やはり相当悪かったようです。でも、なぜか今も元気です。もちろん癌予防によいというサプリメントは随分他種類飲んでいますが、それでよい状態でいられるのかどうかはわかりません。手足のむくみなどもなく、よその人から見れば元気な老人です。、私が乳癌を経験したとはだれも思っていないようです。 







会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。