治験ホーム生活向上コラム > 歯の本数が多い人ほど健康で長生き!?

Produced by Clinical Trial.
メインイメージ
歯の本数が多い人ほど健康で長生き!?
2016年06月03日
コメント数

歯の健康状態が全身の健康や寿命を決めるって、ご存知でしたか?
歯の本数と生存率を15年間に渡り調査を行った結果によると、60歳以上になっても機能する歯が多い人は、生存率が高まる傾向が判明しました。

■歯が健康な人は寿命が長い
65歳以上の日本人2万人以上を対象に4年間に及ぶ調査を行った結果、歯の残本数が20本以上の人に比べて、10~19本の人で1.3倍、0~9本の人で1.7倍に死亡率が上昇していることがわかりました。
さらに、歯が多く残っている人ほど、認知症の発症や、転倒するリスクが低いということもわかり、歯が健康的な人であればあるほど寿命が長く、逆に健康的ではない人ほど寿命が短く、病気になるリスクも高くなるということが証明されました。

■歯・口の病気と全身の健康
大事な働きを持つ歯や口に発生する病気には「むし歯」や「歯周病」などがあります。
特に歯周病は、糖尿病や心臓疾患などの生活習慣病とも関係が深いことがわかりました。
口腔の乱れが、高齢者に多くみられる誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)の原因にもなると言われており、むし歯や歯周病は、全身の健康にも関係が深いことがわかります。

※誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎です。
高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われています。

■正しい歯みがきのコツ
食後は食べカスが溜まり、放っておくと口腔内細菌が増加します。
口腔内細菌を減らす方法は歯ブラシでのブラッシングがもっとも効果的で、歯や粘膜に張り付いた汚れを除去できます。

・歯磨き粉はなるべく少量にしましょう。
・歯ブラシの毛先を歯と歯茎の小さな溝や隙間、歯と歯の間におき、毛先を歯の面に対して約90度の角度で当てます。
・軽く力を加えながら、歯ブラシを小刻みに動かします。

歯や口腔内を健康に保つことは全身の健康につながります。
いつまでも美しく健康な歯を保つために、正しい歯磨きをして健康寿命を延ばすことが大切です。


■コメント (0)
不明
ゲスト
[不明]
アイコン
残り500字 ※HTMLは使用禁止


コメントがありません。

治験・健康コラム 記事一覧へ戻る

関連ワード : 歯 健康 寿命 歯磨き





会員登録しなくても
お気に入りモニター機能が使えます

お気に入り
モニター

00

 

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。