治験ホーム > CTリサーチ 第十一回:「おねしょも病気!?正しい知識が早期の治療を生む」

CTリサーチ

「CTリサーチ」では、医療・健康・治験などに関する各種アンケートリサーチ調査を実施し、その結果を随時公開して参ります。

第十一回 おねしょも病気!?正しい知識が早期の治療を生む

【調査背景】 おねしょとは、幼児期の夜尿を指し、
“子供の性格の問題”“保護者の育て方の問題”等といわれていますが、
これらは誤った考え方で、概ね6歳(小学校入学ごろ)以降のおねしょ
(週3~4日以上のもの)は「夜尿症」の可能性があります。
「夜尿症」の主な原因は“睡眠障害による問題”“心理的な問題”
“夜間尿量の問題”“膀胱や腎臓の問題”と、
いくつかの具体的な原因があるとされています。
そこで、おねしょに関するアンケートを実施しました。

お子様やご自身にこんな症状があったら「夜尿症」という病気かもしれません。

*夜だけおねしょをする
*おねしょの頻度は週4日以上である
*おねしょの量が多い
*トイレトレーニングをしているのに、おねしょをしてしまう

調査期間…2014年3月16日から公開中(集計時4月3日)
アンケート回答数…2008名
アンケート対象者…お子様をお持ちの方
問1 お子様はおねしょをしますか。

 おねしょ


問2 おねしょをするお子様の年齢はいくつですか。

   年齢


問3 おねしょの頻度はどれくらいですか。

 頻度


総評

アンケート結果によると、
全体の約33%の子供がおねしょをしていることがわかりました。

その中で半分以上の53.1%が6歳以上の子供でした。
またおねしょをする子供の約31%が上記の様な夜尿症の症状があると回答していました。
そしておねしょをする子供のうち約3%が中高生であることがわかりました。

「夜尿症」の多くは自然治癒していくことが多く、また身体に大きな影響を与えないため、
治療せず放置されがちな病気です。しかし、学齢期になっても「夜尿症」が改善されない場合、
子供の自信喪失やストレスの原因になる場合も少なくありません。
子供が社会生活を送る前に対処し、改善を図る事が、
子供の成長においても大切ではないかと考えられます。

クリニカル・トライアルでは治験を通して一般生活者に、
健康に関わる様々な情報やサービスを提供し、
一般生活者の健康生活向上に貢献していきます。

弊社へのお問い合せはこちら
生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。