変形性膝関節症、股関節症の方を対象とした治験を実施しています。



骨と骨との間には、クッションなどの役割を果たす軟骨と呼ばれる組織があります。変形性関節症では、 その軟骨がすり減ることで、滑らかな動きができなくなり、大きな摩擦を生じるようになります。 その摩擦により関節に炎症や、腫れなどの症状が起こります。 今回の治験は、これまでに痛み止めや注射剤で膝または股関節の変形性関節症の治療を受けてきたが、 まだ痛みがとれない患者さんを対象とした治験です。 主な目的は、治験薬の変形性関節症に対する効果(痛みの軽減)や安全性を調べることです。


治験参加の基準に合わない場合、予定の募集人数に達した場合など、ご参加いただけない場合がございます。 /プライバシーは守られます。/治験薬は無料で提供されます。また、治験中に行われる検査の費用、 処方される一部の薬は無料ですが、それ以外の診察費などはご負担いただくことになります。 /ご参加頂いた方には通院時の交通費や時間的拘束に対して負担軽減費が支払われます。 /参加期間は治療後の観察期間も含め約一年半です。参加期間中の通院回数は22回程度を予定しています。



治験とは、治療を兼ねた臨床試験(治療試験)を省略した言葉です。 発売前の新薬、医薬品、医療機器の効果や安全性を科学的に分析する事を目的としています。 新薬以外にも、健康食品や美容品などでも発売前に治験に近い試験をすることが多くあります。 より良い新薬が承認され、日本で利用されるために、 厚生労働省の管轄下の元、 治験ボランティアの意思を尊重して治験に関するガイドラインに基づいて厳正に行われるものです。














国内最大級の治験紹介サイト。会員登録数79万人、常時100治験以上の様々なモニター臨床試験などのご紹介をしております。