一つでもあてはまったら軽度認知障害(MCI)
チェックテストにお申し込みください!



生活向上WEB※1を運営する(株)クリニカル・トライアルでは、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の啓発を実施中。 通常、3,500円ほどかかる軽度認知障害(MCI)チェックテスト※2が(最大1600名)今なら無料で実施いただけます。
※1生活向上WEB・・会員数76万人の日本最大級の臨床試験のご紹介サイト
※2(株)クリニカル・トライアルが提携するミレニア社の「あたまの健康チェック」

 

この機会に、ご自身、ご家族の状態を確認してみましょう



現在、認知症を罹患している人数は462万人(平成24年厚生労働省報告)と報告されています。 つまり・・・、高齢者の約5人に1人は認知症。
2025年には、なんと700万人に達するとも予測されており、深刻な問題となっています。

認知症の前段階が軽度認知障害(MCI)

認知症はいくつか種類があります。



これらの認知症はどれも、発症の数年前からその兆候が表れています。 認知症の前段階の状態を軽度認知障害(MCI)と言います。

軽度認知障害(MCI)の定義

「軽微な認知機能の低下は認められるが、日々の日常生活では自立した状態」をいいます。 認知機能(記憶、決定、理由づけ、実行など)のうち1つの機能に問題が生じてはいますが、日常生活には支障がない状態のことです。 そのため、ご自身やご家族の方は、加齢によるものだろうと判断したり、ただの物忘れで済ませてしまう人が多いのです。

軽度認知障害(MCI)の段階で気づくことができれば、生活習慣の見直し、予防の取り組みにより認知症の発症を抑えたり、 遅らせることができる可能性があるにもかかわらず見逃されることが多いのです。

まず現状を知ることがとても大事です。

生活向上WEBでは、啓発キャンペーンを実施中。通常、3,500円ほどかかる軽度認知障害(MCI)チェックテストが(最大1600名)今なら無料です。 まずは、ご自身やご家族の現状について正しく把握することが認知症予防の第一歩です。




一部の場合を除き認知症は完治できません。しかし、認知症になる前の軽度認知障害(MCI)の 段階で気付き、適切な治療・予防をすることで回復させたり、発症を遅らせられる可能性はあります。 また、認知機能低下に対する適切な対策を行うことで、軽度認知障害(MCI)になったとしても、 認知症の症状が最後まで出ずにすむケースもあります。

早期対応の重要性

早期発見による適切な治療・予防をすることが重要です。 そのためには、まず現状を知ることが大事です。まずは無料チェックテストで現状を知りましょう。





(株)クリニカル・トライアルが運営する国内最大級の治験紹介サイト。 会員登録数76万人、常時100試験以上の様々な臨床試験、治験などのご紹介をしております。

会員登録いただくことで現在募集中の
臨床試験へご案内が可能

チェックテストの結果を基に、現在募集中の軽度認知障害(MCI)の臨床試験のご案内も可能です。 もちろん、チェックだけをご希望の場合のお申し込みも大歓迎です。


この機会にぜひ、ご自身、ご家族の現状を知る一助となればと考えております。



生活向上WEBの安心と安全



バックアップ体制も万全ですので安心してご応募ください。