昼でも夜用ナプキンが必要なことがある

昼用ナプキンでは、1時間もたないことがある

タンポンのみでは漏れてしまい、ナプキンと併用している

生理期間中に、レバー状の塊がよく混じる

前より出血量が増えている気がする

全国でどれくらいの女性が婦人科の病気と診断されているかご存知ですか?
こちらは20歳〜64歳の女性の年間罹患者数の合計です。
月経障害は一番多く、12万人以上の方が悩んでいます。

出典:厚生労働省 患者調査(平成26年調査結果より作図)
ナプキンから経血があふれてしまうほど量が多いのも月経障害のひとつで、月経障害は子宮筋腫や子宮内膜症などが原因となって引き起こされている可能性もあります。
自分の体がだしている大切なサインを見逃さないようにしましょう。

人と比べることはできないけど、みんなはどんなことで悩んでいるの?
生活向上WEBの女性会員のみなさんの中で多かった生理の悩みをまとめました!
あなたも心当たりがありますか?

女性のお悩み・生理に関するアンケート(回答者数:2316名)



毎日、日誌を記録することで日によって症状に変化があることや、自身の体調を把握することができました。
私に合うモニターがあれば、また参加したいです。

診察してくださった担当医の先生もとても感じの良い方だったので、終了後もそちらに通院させていただいています。

自分のために参加しましたが、参加すると医療に貢献している感じが伝わり、知識が増えるのが嬉しかったです。

株式会社クリニカル・トライアルの個人情報の取扱いについて