子宮内膜症の方へ 治験をきっかけに、あなたの症状を見直してみましょう

子宮内膜症の方へ 治験をきっかけに、あなたの症状を見直してみましょう

まずはお気軽にチェック! まずはお気軽にチェック!

簡単なアンケートに答えてみましょう簡単なアンケートに答えてみましょう

※参加人数に達し次第、応募は締め切りとさせていただきます。

子宮内膜症でお悩みの方へこのような痛みを繰り返していませんか?子宮内膜症でお悩みの方へこのような痛みを繰り返していませんか?

仕事に行けないほどの月経痛

仕事に行けないほどの月経痛 仕事に行けないほどの月経痛

仕事に行けないほどの
月経痛

腰の痛みが続いている

腰の痛みが続いている 腰の痛みが続いている

腰の痛みが続いている

月経時以外も下腹部が痛む

月経時以外も下腹部が痛む 月経時以外も下腹部が痛む

月経時以外も
下腹部が痛む

トイレの時に痛みがある

トイレの時に痛みがある トイレの時に痛みがある

トイレの時に
痛みがある

上記以外にも性交痛、頭痛、吐き気や嘔吐など様々な症状があると言われています。

子宮内膜症は完治が難しい病気です。子宮内膜症は完治が難しい病気です。

子宮内膜症は、多くの場合、つらい骨盤痛や月経困難症を伴います。また、手術やお薬で治療をしても多くの患者さんが数年以内に痛みの症状を再発しています。治験をきっかけに、あなたの症状を見直してみませんか?

子宮内膜症は完治が難しい病気です。 子宮内膜症は完治が難しい病気です。

子宮内膜症の痛みにお悩みの方にこそ、ご参加いただきたい治験です。 子宮内膜症の痛みにお悩みの方にこそ、ご参加いただきたい治験です。

まずはお気軽にチェック! まずはお気軽にチェック!

簡単なアンケートに答えてみましょう簡単なアンケートに答えてみましょう

※参加人数に達し次第、応募は締め切りとさせていただきます。

治療効果が期待されている薬の治験を実施いたします。

治療効果が期待されている薬の治験を実施いたします。治療効果が期待されている薬の治験を実施いたします。

治験とは、薬として期待される物質(治験薬)の効果や安全性に関する様々な情報を収集するために行われる試験です。すべての新薬は治験により有効性と安全性が確かめられ、国(厚生労働省)から医薬品として許可を得て薬が患者さんのもとに届くのです。今回の治験は、世界約20ヵ国(アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジア)315 人が参加予定です。

治療効果が期待されている薬の治験を実施いたします。

今回の治験には4つの特徴があります!今回の治験には4つの特徴があります!

特徴① 専門の医師の診察を受けられます。特徴① 専門の医師の診察を受けられます。

治験を受けられる医療機関は、治験ごとに厳密な審査により選ばれています。症状ごとの専門医師による丁寧な診察を受けられるので、普段の診察では聞けないような症状のお悩みも安心してご相談ください。

特徴① 専門の医師の診察を受けられます。 特徴① 専門の医師の診察を受けられます。
特徴② 痛みが続く場合は鎮痛剤など適切な処方をいたします。

特徴② 痛みが続く場合は鎮痛剤など適切な処方をいたします。特徴② 痛みが続く場合は鎮痛剤など適切な処方をいたします。

治験参加中、痛みが続く場合は治験の担当医師が適切な治療をしますのでご安心ください。※治験参加後の痛みを抑えるための特定の鎮痛剤などの処方はメーカーが負担いたします。

特徴② 痛みが続く場合は鎮痛剤など適切な処方をいたします。

特徴③ お薬は1日1回飲むだけ。ラクチンなお薬です。特徴③ お薬は1日1回飲むだけ。ラクチンなお薬です。

お薬は、ほとんど自宅で飲むだけの飲み薬です。注射や入院などの必要はありません。

特徴③ お薬は1日1回飲むだけ。ラクチンなお薬です。 特徴③ お薬は1日1回飲むだけ。ラクチンなお薬です。
特徴④ 治験参加中、治験に関わる費用の負担はございません。

特徴④ 治験参加中、治験に関わる費用の負担はございません。特徴④ 治験参加中、治験に関わる費用の負担はございません。

治験にかかわる薬、検査費用はメーカーが負担いたします。 交通費などに対しては負担軽減費をお支払いいたします。<負担軽減費とは>
治験に参加された方にお願いする入院・通院などによる時間的拘束、 その他、交通費などに対して支払われる費用のこと。
※案件や医療機関によって金額は変動します。

特徴④ 治験参加中、治験に関わる費用の負担はございません。
まずはお気軽にチェック! まずはお気軽にチェック!

簡単なアンケートに答えてみましょう簡単なアンケートに答えてみましょう

※参加人数に達し次第、応募は締め切りとさせていただきます。

どんなことをする治験なの?どんなことをする治験なの?

ただいま、子宮内膜症の患者さんの治療の選択肢を増やすため、治験薬の効果と安全性を調べる治験を行っています。

この治験に参加できる方この治験に参加できる方

  • 子宮内膜症の診断がある18歳以上の方
  • 子宮内膜症の痛みが強い方
  • 治験期間中、避妊を実施できる方

その他、治験の担当医師の検査によって参加可能か判断いたします。

参加期間参加期間

  • 最長で約2年(お薬を服用する期間:約1年)
  • 通院回数:約18回

ご自宅でしていただくことご自宅でしていただくこと

  • お薬の服用(1日1回、1錠だけの服用です。)
  • 電子日誌の記録

治験参加までの流れ治験参加までの流れ

参加までのステップ参加までのステップ

  • ①簡単なアンケートに答えて応募①簡単なアンケートに答えて応募
  • ②生活向上WEBからのご連絡②生活向上WEBからのご連絡
  • ③治験についてのご説明③治験についてのご説明
  • ④医療機関との参加日程調整④医療機関との参加日程調整

※簡単な症状アンケート以外にも参加条件があります。詳細はご連絡の際にお伝えいたします。

まずはお気軽にチェック! まずはお気軽にチェック!

簡単なアンケートに答えてみましょう簡単なアンケートに答えてみましょう

※参加人数に達し次第、応募は締め切りとさせていただきます。

生活向上WEB会員に聞きました!治験に参加いただいた感想生活向上WEB会員に聞きました!治験に参加いただいた感想

30代 女性30代 女性

今回、初めて医薬品の治験に参加しました。多少の不安はありましたが、治験コーディネーターの方が大変丁寧で、1番にモニターの事を考えてくれるので安心して参加することが出来ました。

50代 女性50代 女性

治験がきっかけで数年ぶりに病院に行きました。先生や看護師さんのアドバイスは、治療する気持ちが薄れていた私にとって、とても新鮮でした。これからは、真剣に病気と向き合おうと思います。ありがとうございました。

30代 女性30代 女性

通院の日時も、そのつど治験コーディネーターさんと相談して調整できたので、無理なく通うことができました。

40代 女性40代 女性

疑問などがあれば、その場で回答してもらえますし、後日聞くことも可能なので安心して参加出来ます。新しいお薬の開発に関わる社会貢献ができ、有意義な体験でした。

当治験にかかわらず、一般的な治験に対するご感想です。感じ方、捉え方には個人差があります。

よくあるご質問よくあるご質問

いつでもやめられるの?
参加前でも、参加後でも、医師と相談をしてやめることができます。治験に参加しないから、または治験に参加したのに途中で中止したからといって、何ら不利益を受けることはありません。
どんな検査をされますか?
採血検査、婦人科検診、骨密度検査、超音波検査などを行います。
今、子宮内膜症の治療中です。参加できますか?
まずは治験の担当医師があなたの現在の治療や症状を確認させていただきます。参加できる可能性がある方は、事前に現在の治療をやめていただくようお願いさせていただく場合があります。参加できない場合でもあなたにとって最適な治療をご提案いたします。お気軽にかかりつけの医師へご確認ください。
治験ってなんか怖い。体にどんな影響があるかわからないでしょ?
治験に参加したことが原因で健康被害を受けた場合は、治験の責任医師と治験の依頼者が協力し、責任をもって治療及び補償いたします。
プライバシーは守られるの?私の情報はどのように使われるの?
あなたのお名前や病気のことなどが下記の場合以外、第三者に渡ることはありません。治験で補償を受ける場合、名前、住所、連絡先など治験依頼者内でのみ共有することがあります。それ以外の目的では、一切、第三者に個人情報が渡ることはありません。
まずはお気軽にチェック! まずはお気軽にチェック!

簡単なアンケートに答えてみましょう簡単なアンケートに答えてみましょう

※参加人数に達し次第、応募は締め切りとさせていただきます。