【最終更新日】2019/03/20

高齢者対象 長期通院試験

  • 男女とも
  • 通院

【案件コード】M22272

  • 試験の概要
    もの忘れが気になるなど認知症の症状がない方を対象とした通院試験です。

    お薬をお試しいただき、アルツハイマー型認知症の発症を遅らせることができるかを確認させていただきます。

    [試験日程]
    ・約5年間(最大7年間)で40回程度通院
    ※ 3ヵ月に1回程度のペースで、ご通院いただきます。
  • 募集状況
    募集中
  • 実施場所
    [関東]東京都・神奈川県・千葉県・大阪府
  • 参加条件
    【基本参加条件】
    性別: 男女とも
    年齢範囲: 60〜75歳


    【その他参加条件】
    ◆以下に該当しない方
    ・ 認知症
    ・ 軽度認知障害
    ※軽度認知障害とは、アルツハイマー型認知症になる前段階のことです。
    ・ うつ病、統合失調症、双極性障害、パーキンソン病、ハンチントン病などの神経疾患

    ◆現在、他の臨床試験 or モニターに予約していない

    ◆通院時に同伴できる治験パートナーがいる

    【治験パートナーの条件】
    ・参加者の認知機能や普段の様子などの情報を医療機関担当者に提供できる親族や友人など
    ・ 試験期間中、参加者に付き添って半年に1回程度通院し、聞き取り調査に協力できる

    ※その他条件がございます。
    ※WEBご応募後、お電話にて他の条件を含めた詳細を確認させていただます。
  • 負担軽減費

  • 実施内容

    【1】 応募

    【2】 お電話で参加条件の確認

    ↓ ※お電話の時点で参加条件を満たしている場合は、次の【3】へお進みいただきます。
    ↓ ※参加条件を満たしていない場合はここで終了となります。

    【3】 医療機関受診

    ↓ ※治験パートナーの付き添いが必須です。
    ↓ ※正式に治験の説明を行い参加意思を確認します。(数回受診が必要になる可能性があります。)
    ↓ ※今回の試験の参加条件を満たしているかどうか再度確認を行います。
    ↓ ※参加条件を満たしていない場合はここで終了となります。

    【4】 試験開始

    ↓ ※約5年間(~7年間)で、指定された病院へ約40回程度の通院をしていただきます。
    ↓ ※通院して頂く際に、治験パートナーの付き添いが必要な通院が半年に1回程度あります。

    【5】 試験終了

  • 関連治験

カテゴリトップへ戻る

新規会員登録