【最終更新日】2020/02/19

潰瘍性大腸炎でお困りの方へ

  • 男女とも
  • 通院
  • 簡単応募

【案件コード】Y25714

  • 試験の概要
    腸の粘膜の修復や保護に直接はたらく作用が期待されている治験薬です

    潰瘍性大腸炎と診断され、以下のいずれかのお薬を使用したことがある方を対象としています
    ◇5-アミノサリチル酸製剤(例:サラゾピリン、ペンタサ)
    ◇ 副腎皮質ステロイド 薬 (例 プレドニゾロン、 ベタメタゾン)
    ◇免疫調整薬(例:イムラン、アザニン、ロイケリン)
    ◇ 生物学的製剤(例:レミケード、ヒュミュラ、エンタイビオ)など

    <期間>
    約4~5か月間に12~15回程度の来院をしていただきます
    ※通院スケジュールは医療機関の担当スタッフと調整できます

    <治験薬について>
    本治験では、注射剤が使われます。
  • 募集状況
    募集中
  • 実施場所
    [関東]東京都・千葉県
    [中部]石川県
    [近畿]大阪府・愛知県・兵庫県
    [九州]福岡県
    ※募集対象 ・実施場所につきましては、募集状況により変更になります。
    ※以下、準備中のエリアがございます。
    [北海道]北海道
    [東北]宮城県
    [関東]神奈川県
    [中国]岡山県・広島県
    ※実際の実施医療機関名は、コンタクトセンターでの聞き取りにより適格の場合にメールにてご連絡します。
  • 参加条件
    【基本参加条件】
    性別: 男女とも
    年齢範囲: 18〜80歳


    【その他参加条件】
    【そ の 他 参加 条件 】
    以下に該当しない方
    ・悪性腫瘍の既往がある方
    ・潰瘍性大腸炎のための手術の経験がある方又は予定している方
    ※その他にも条件がございます。詳細はお電話にて確認させていただきます。
  • 負担軽減費

    ログインして負担軽減費を見る

  • 実施内容

    腸の粘膜の修復や保護に直接はたらく作用が期待されている治験薬です
    潰瘍性大腸炎と診断され、以下のいずれかのお薬を使用したことがある方を対象としています 。
    ◆ 5-アミノサリチル酸製剤(例:サラゾピリン、ペンタサ)
    ◆ 副腎皮質ステロイド 薬 (例 プレドニゾロン、 ベタメタゾン
    ◆免疫調整薬(例:イムラン、アザニン、ロイケリン)
    ◆ 生物学的製剤(例:レミケード、ヒュミュラ、エンタイビオ)など

  • 応募後の流れ

    (1) 応募
    (2) 生活向上 WEB会員登録・アンケート回答
    (3) 電話での詳細確認 (試験の案内、参加条件の確認、通院先の選択
    (4) 来院日の調整
    (5) 医療機関での参加条件の確認 (診察や検査 )
    (6) 治験参加
    ※詳細はお電話にてご案内いたします。
    ※参加条件に該当されない場合、治験にご参加いただけない可能性がございます。
    予めご了承ください。

  • 関連治験

カテゴリトップへ戻る

新規会員登録