治験ホーム > 初心者のための疾病基礎知識 >  糖尿病

糖尿病

糖尿病とは?

糖尿病とはインスリンというホルモンの作用が低下したため、体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されずに、血液中のブトウ糖(血糖)が多くなっている状態です。

膵臓からのインスリンの分泌不足による場合(インスリンが足りない状態・1型糖尿病)と、肥満などによるインスリンの作用(効果)が出にくい場合(インスリンが有っても血糖値が下がらない状態・2型糖尿病)とが有ります。(または、両者の組み合わさった状態。)

主な症状

「だるい」「疲れやすい」「のどが乾く」「尿の量・回数が多い」「性欲減退」「勃起不全」などの症状がありますが、糖尿病全体の95%にあたる2型糖尿病の場合は、初期段階ではほぼ無症状です。そのため、症状が出た時には既にかなり病気が進行していたということが多々あります。 無症状の段階での早めの検査が重要です。

また糖尿病が進行すると糖尿病性動脈硬化、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経症(手足の壊死)などの重大な合併症を引き起こす可能性があり、意識障害・昏睡を引き起こすこともあります。

早期発見のポイント

多くの場合初期段階では症状が無いため、血液検査による診断が重要になってきます。
糖尿病の診断基準として、一般的な健康診断の際に得られる「空腹時血糖値」や「HbA1c」の値の他に、糖負荷検査(ブドウ糖75gを飲んで、その前後に30分おきの血糖値を測定する)で得られる「負荷後2時間血糖値」があります。
糖負荷検査の結果により糖尿病の「境界型」とされるIGT(耐糖能異常)と診断された方は、「正常型」と診断された方より、5倍~10倍の割合で10年以内に糖尿病になると言われています。

よって糖尿病を早期発見するには一般的な採血だけではなく、糖負荷検査を受けることが重要となります。

予防方法

1型(インスリン依存型)糖尿病は膵臓疾患であり、15歳未満の小児段階で比較的急激に発症する例が多くあります。家族に1型糖尿病患者がいる場合、発症する確率が高くなることが分かっているため、定期的に検査をすることが重要です。

2型(インスリン非依存型)糖尿病は「生活習慣病」の代表とも言える疾患であり、日々の食生活・運動・ストレスに気を配ることが最大の予防方法です。

治療方法

糖尿病の治療には、決められたカロリー摂取量の中でバランスの良い食生活を行う食事療法、適度な運動によってカロリー消費や血糖上昇を抑える運動療法、そしてインスリン注射やそのた血糖を押さえる薬を使用する薬物療法があります。
糖尿病の初期の段階であれば、食事療法で糖尿病の進行を抑えることができ、薬物療法が必要になっても食事療法により薬の量を減らすことができます。

2型糖尿病の場合は、食事療法・運動療法が主な治療方法となり、それでも血糖コントロールが困難な場合に薬物治療が併用されます。

1型糖尿病の場合は、食事療法や運動療法での血糖コントロールが難しいため、初期の段階からインスリン注射等の薬物療法が行われます。

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて様々な景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。