治験ホーム > 初心者のための疾病基礎知識 >  内臓脂肪症候群

内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)

内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)とは?

上半身には、内臓(心臓や肝臓、胃、大腸など)が収められています。これらの内臓の周りについているのが内臓脂肪です。この内臓脂肪が貯まりすぎた状態を内臓脂肪型肥満と呼びます。肥満と言っても、おなか周りに脂肪が付くので、見た目には分かりにくいのが特徴です。

この「内臓脂肪型肥満」の人が、「高血糖」「高脂血」「高血圧」といった生活習慣病の危険因子を二つ以上持つ状態『内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)』といいます。これらの危険因子は、それぞれ一つだけも心筋梗塞や脳血管疾患を招きますが、複数併せ持つことによって、危険度が更に高まります。脂肪の中でも内臓脂肪は血圧や血糖値を下げる働きを邪魔する物質を出し、動脈硬化を進行させる働きをすため、将来糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などの重大な病気を引き起こしやすいとされています。

主な症状

内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)は、「症候群」の名が示す通りそれだけでひとつの「病気」と位置づけられるものではありません。しかし、そのまま放置しておくと「糖尿病」「心筋梗塞」「脳梗塞・脳卒中」等の死に至る危険性の高い生活習慣病を引き起こすリスクが高くなると言われています。

早期発見のポイント

内臓脂肪は文字通り内臓周辺に蓄積されますので、てっとり早い診断方法は
「おなかまわりを測ってみる」ことです。立ったままおへその位置を計測して、
■「男性85cm以上」「女性90cm以上」ある場合
は要注意です。

また、おなか周りの脂肪が「皮下脂肪」なのか「内臓脂肪」なのかを判断するには
「おなかの脂肪をつまんでみる」とよいでしょう。しっかりつまめる場合は「皮下脂肪」ですが、
■おなかが出ているのにつまみにくい場合
は「内臓脂肪」がたまっている危険性が高いといえます。

予防方法

もっとも重要なことは「食生活の見直し」と「適度な運動」です。
 ・3食規則正しく栄養バランスのとれた食生活を心がける
 ・野菜を多く取る
 ・夜食を控える
 ・よくかんで食べる
 ・腹八分目に抑える
 ・エスカレーターではなく階段を使うなど、日常生活での運動量を増やす
等、無理をせず、継続することが重要となります。

生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて様々な景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。