あなたのカラダ、大丈夫?

一覧に戻る

《その他》
白血病

どんな病気?

白血病とは、骨髄の中にある血液中の血球(赤血球・白血球・血小板)を作る細胞が悪性腫瘍(がん)化して体内のコントロール機能に反して増え続ける病気です。増え続けることによって、骨髄の中から全身に流れ出ます。

白血球を作る細胞が悪性腫瘍(がん)化することが多いため白血病と呼ばれますが、赤血球を作る細胞や血小板を作る細胞が悪性腫瘍(がん)化する場合もあり、これらもまとめて白血病と言います。

原 因

白血病になる原因の一つとして血球(赤血球・白血球・血小板)を作る細胞の遺伝子に異常が発生していることが考えられます。正常な細胞は成熟分化すると、死ぬようにプログラム(計画細胞死・アポトーシス)されています。しかし細胞の遺伝子に異常があると、その血球を作る細胞が成熟分化しても死なないことにより増えます。遺伝子に異常が発生する原因として、先天性のものや放射線、抗がん剤投与などがあります。

症 状

白血病の症状として大きく2つに分けることができます。

正常な血球(赤血球・白血球・血小板)を作ることができないことによる症状

正常な赤血球が作れない 貧血の症状(頭痛やめまい・動悸・息切れ)が起こる。
正常な白血球が作れない 感染症にかかりやすくなる。
正常な血小板が作れない 出血時に血が止まりにくくなる。

血液を作る細胞が増えることによる症状

骨髄の中で増えた血球を作る細胞が、血液の中に流れ出ていくために、他の臓器やリンパ節が腫れを起こす。

検査方法

白血病の検査方法として血液検査と骨髄検査があります。

血液検査 血液を顕微鏡で見ると白血病細胞は若い細胞である芽球細胞と同じように見え、これは普段骨髄でしか見られないものなので、これの有無を調べる。
骨髄検査 骨髄に針を入れて骨髄の血液を採り、その中に白血病細胞が含まれるかどうかで診断する。
治療法

白血病は血液の病気のため、白血病細胞が血液により体中に運ばれています。より体中に散らばった白血病細胞を殺すために、主な治療方法として以下のものがあげられます。

化学療法(抗がん剤療法) 抗がん剤を体内に投与することによって、白血病細胞を殺す。
放射線療法 放射線を当てることによって、白血病細胞を殺す。

生活向上WEBに会員登録(無料)すると、
健康状態が把握できたり、自分に合った健康モニターに参加できます。
生活向上WEBとは?

会員登録(無料)はこちら


生活向上WEBとは?
「生活向上WEB」は、お薬治験(臨床試験)、トクホ健康食品、美容コスメなどの業界最大級の案件数を誇るモニター情報サイトです。治験などのモニター情報だけでなく、業界の求人情報やアルバイト情報なども見つかります。 疾患をお持ちの方や健康な方を対象とした治験(臨床試験)や、大人気の健康食品や化粧品モニターなど、業界最大級の案件数からお好きなモニターを検索できます!また、メルマガ登録でお得情報をゲットしたり、ポイントを貯めて様々な景品と交換も。さらに生活習慣病(高血圧、糖尿病、中性脂肪など)の早期発見や治療にも役に立つ情報が満載。