血糖トレンドとは

血糖値は人それぞれ、毎日変動しているものです。
食べたものによっても、運動したかどうかによっても、変動します。
それらを「傾向(トレンド)」として把握することの総称として
「血糖トレンド」という言葉が使われています。

あなたの血糖の傾向

「血糖トレンド」で把握しませんか?

「点」から「線」の時代へ

従来の測定は、いわば「点」での測定値。
情報量の偏りや不足、夜間の血糖管理の難しさなど、様々な課題がありました。
そこで注目されているのが、睡眠時を含めた連続測定により、「線」のデータをとる方法。
血糖値変動(トレンド)を知ることで、治療の最適化を目指し、合併症の発症や進展の抑制にもつながる可能性もあります。

血糖トレンドで、
いろいろわかる、役に立つ

寝ている間の血糖値の変動がわかる

今までは、夜中にわざわざ起きて測定する必要があった睡眠中の血糖値の推移が、血糖トレンドを自動で測ることによって「見える化」できます。 起きている時には低血糖を起こさない患者さんでも、睡眠中に低血糖を頻繁に起こしていた!という事例もあります。 夜間のリスクを見逃さない!それも血糖トレンドを図るメリットのひとつです。

▶気づいていなかった夜間低血糖に対応できるようになりたい!

食べたものによる血糖値の変動がわかる

一日を通した血糖値の動き(日内変動)を見ることで、自分の血糖値が何に影響を受けて変動したのかが見えてきます。 例えばランチでラーメンを食べた時にどれくらい上昇したか、食べる前と食べた後の血糖値を比べることで一目瞭然になります。 「心配で食べられない」のではなく「どう食べるか」という思考になる、ハッピーな変化ではないでしょうか。

▶食べたらどうなる?に事前に対応できるようになりたい!

運動した時の血糖値の変動がわかる

運動をすれば血糖値が下がる。という一見当たり前のようなことも、1型糖尿病の方にとって常識ではないこともあります。 運動する時のインスリン注射量の調整はその人その人で異なり、どの程度減らせばいいか等は、医師と相談し決めることが大切になります。 どんな運動によってどの程度血糖値が下がるのか、もしかしたら上がってしまうこともあるのか、その振れ幅がどれくらいなのか。 血糖値を連続して測ることができれば、運動の前後に限らず、その影響をグラフで見ることが可能になり、自分と運動のより良い付き合い方が見えてくるのではないでしょうか。

▶運動したらどうなるのか、わからないから不安だった!

一日中(24時間)の連続した血糖値の変動がわかる

血糖値は健康な人でも一日の中で、食事、運動、ストレス、ホルモンバランス、薬など様々な要因によって影響を受け変動しています。 とはいえ、毎日全く同じ推移をしているわけではありません。 ラーメンを食べた日、いつもより歩く距離が長かった日、ランチのタイミングがずれてしまった日、などなど影響も様々。 血糖トレンドは、生活の中の何に影響を受けたか、どう変動したかを、自分の生活とリンクして把握するために活用できます。

▶血糖値スパイクも見える化、一日のリズムを自分でコントロールしたい!

血糖トレンドに興味がある方はこちらへ