hospital 血糖測定が相談できる医療機関を検索

これより生活向上WEBの外部サイトに移動します。
下記URLをクリックください。

治験の生活向上WEB
閉じる
tel
0120-963-787
受付時間 : 10:00〜20:00 (月〜金)
10:00〜18:00 (土、祝)
お問い合わせ
hero
血糖トレンドの測り方

血糖トレンドの測り方

血糖自己測定とは

糖尿病治療や、合併症の予防・進展を抑えるためには、血糖をきちんとコントロールすることが重要です。

いまでは、簡易血糖測定器を使った血糖自己測定により、診察時にしかできなかった血糖測定を、患者さん自身が日常生活の中でも行えるようになりました。こういった簡易血糖測定器を使えば、誰でも簡単に自分で血糖測定をすることができます。

血糖測定の種類

血糖測定方法には大きく3種類あり、それぞれ以下のように呼ばれます。

Self-Monitoring Blood Glucose(SMBG)
Continuous Glucose Monitoring(CGM)
Flash Glucose Monitoring(FGM)

(FGMおよびCGMは血糖値ではなく、間質液中グルコース値を測定します。)

SMBG
(血糖自己測定)
CGM
(持続グルコースモニタリング)
FGM
(フラッシュグルコース
モニタリング)
何を測定しているか 血糖値 細胞間質液中の糖濃度を連続で自動測定
測定方法 • 針を用いて指先から採血し、チップ(測定電極)につけて測定 • 腹部などにセンサーとデータ送信機器を装着
• データ送信機器が本体に データを送信し、本体に数値が表示される
• 上腕背側にセンサーを装着
• 本体でセンサーをスキャンすると、本体に数値が表示される
測定期間 測定する毎に
その時点の値を確認できる
3~10日間連続測定 14日間連続測定
特徴 • 測定ごとに、チップ(測 定電極)と穿刺用の針が必要
• 穿刺を伴う
• 1日7、8回の測定により、血糖トレンドをある程度把握できる。
• 連続的に記録できる
• 数日間にわたる血糖トレンドをみることができる
• 連続的に記録できる
• 14日間にわたる血糖トレンドをみることができる
SMBG(血糖自己測定)
何を測定しているか
血糖値
測定方法
針を用いて指先から採血し、チップ(測定電極)につけて測定
測定期間
測定する毎にその時点の値を確認できる
特徴
• 測定ごとに、チップ(測定電極)と穿刺用の針が必要
• 穿刺を伴う
• 1日7、8回の測定により、血糖トレンドをある程度把握できる
CGM(持続グルコースモニタリング)
何を測定しているか
細胞間質液中の糖濃度を連続で自動測定
測定方法
• 腹部などにセンサーとデータ送信機器を装着
• データ送信機器が本体にデータを送信し、本体に数値が表示される
測定期間
3~10日間連続測定
特徴
• 連続的に記録できる
• 数日間にわたる血糖トレンドをみることができる
FGM(フラッシュグルコースモニタリング)
何を測定しているか
細胞間質液中の糖濃度を連続で自動測定
測定方法
• 上腕背側にセンサーを装着
• 本体でセンサーをスキャンすると、本体に数値が表示される
測定期間
14日間連続測定
特徴
• 連続的に記録できる
• 14日間にわたる血糖トレンドをみることができる

※2020年4月時点の情報です。

近年の簡易測定器の進歩は目覚ましく、薄型軽量でかつ小型なのはもちろん、だれにでも容易に操作できるように工夫されています。

最近では、24時間連続して血糖の変動を測定できる機器も登場しました。そのおかげで、より質の良い血糖コントロールを行う体制を整えることが可能になってきています。

血糖トレンドで測定している間質液中のグルコース濃度とは

間質液とは細胞と細胞の間に存在する液体のことです。血糖トレンドは、血糖値ではなく、間質液中のグルコース(ブドウ糖)の濃度を測定します。