足白癬(水虫)に関する症状,原因,対処方法について

足白癬(水虫)

【症状】


足の皮膚、角質等に炎症が起きる。

足の指や足の裏などの部位に水ぶくれや皮膚の表面が薄く剥ける、といった症状が起きる。

また皮膚が赤くなったり、かゆみや痛みを感じる場合が多い。


【原因】


白癬菌(はくせんきん)という真菌の感染が原因で生じる。

白癬菌は湿度が高い場所を好むため、梅雨から秋口にかけて症状が起きやすい。

また足に症状が起きるのは、白癬菌が垢としてスリッパ、足ふきマットに付着し、そこから感染しやすいためである。


【対処方法】


水虫感染者と直接・関節による接触を避ける。足を清潔にし、長時間湿度の高い状態にしない事で予防が可能。

治療方としては、主に抗真菌剤が内服、外用問わず用いられる。

新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集