悪性腫瘍(ガン、癌)に関する症状,原因,対処方法について

悪性腫瘍(ガン、癌)

【症状】

悪性腫瘍の出来る部位によって様々だが、比較的共通しているものは体重の低下。

1981年から現在まで日本の死因のトップであり、1年間に約34万人が悪性腫瘍が原因で亡くなっている。(平成20年)

【原因】

通常細胞は、古い細胞が死滅する時に新しい細胞が生まれるといような仕組みになっている。

しかし遺伝子の突然変異によってその仕組みから外れ、必要でなくても増殖し古くなっても死滅しない細胞が現れてしまう。

 

上記のようにして大量に発生した細胞は塊となる。

 

その塊が無尽蔵に栄養素を吸い取ったり、他の臓器の機能を妨げたり圧迫する事で症状が起こる。

塊は他の細胞に移っていくため多数の臓器が悪性腫瘍に犯され、機能不全に落ちいってしまう。

 

【対処方法】

 

生活習慣によって多少は悪性腫瘍を発生させるリスクを下げることが出来る。

 

・タバコは肺がんになるリスクを増加させる。

・高コレステロールな食事は大腸がんになるリスクを増加させる。

・アルコールは腎臓がんになるリスクを増加させる。

・運動は結腸がんになるリスクを低減させる。

新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集