手根管症候群に関する症状,原因,対処方法について

手根管症候群

【症状】


手に痺れが生じる。

特に薬指の親指側の半分と中・人差し・親指に症状が起きる。


【原因】


手首には正中神経が通るトンネルのような器官「手根管(しゅこんかん)」がある。

この手根管内の正中神経が圧迫される事で症状が起きる。

圧迫が起きる原因として

・仕事等で手を多く使う
・事故による手首の圧迫、骨折、深い切り傷等が原因
・妊娠などを原因とした浮腫(むくみ)

等が挙げられる。


【対処方法】


手首を安静に保つ、その為に器具が使用される場合もある。
またトンネルにステロイド剤の注射が行われる。

症状が酷い場合、神経の圧迫を取る手術が行われる。

新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集