胃食道逆流症(GERD)に関する症状,原因,対処方法について

胃食道逆流症(GERD)

【症状】


主な症状は胸やけである。そのほかにも、狭心症様の胸痛、喘息様症状、
咽頭痛、嗄声、耳痛など胃食道逆流症の症状は多岐に渡る。


【原因】


食道と胃の境界部には弁の働きを有する下部食道括約帯(LES)があり、胃の内容物の逆流を防止している。
LESは通常閉じているが、健康体でも食事摂取時の嚥下運動の際などには一時的に弛緩(たるむ)する事がある。
この一過性LES弛緩現象が頻繁に起こるのが胃食道逆流症の主因と考えられている。

 

 

【対処方法】


胃酸分泌抑制剤の内服を中心とした内科的治療が基本で、
加えて油ものやチョコレートなど逆流しやすい食品を制限する等
ライフスタイルの改善が必要である。効果がない場合には外科手術を行うこともある。

 

新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集