ギラン・バレー症候群に関する症状,原因,対処方法について

ギラン・バレー症候群

【症状】

咳や発熱、咽頭痛、頭痛、下痢などの呼吸器系や消化器系の感染症の発症のあと1~3週間後に、四肢の急激な筋力低下が起こる。

つまり、手足に力が入らなくなり、歩行が困難となる。

 

多くの場合手足の先にしびれが生じ顔面や目・口のまわりの筋肉も衰え、まばたきや咀嚼にも支障が出る。

通常は発症から1~2週間は症状が進行するが、その後停止し、3~6ヶ月でほぼ完全に回復する。

 

【原因】

各種ウィルスや細菌による感染が原因となり、自己免疫のシステムが異常となって発症すると考えられている。

 

【対処方法】

症状が出たら、なるべく早く血漿交換療法または、免疫グロブリン大量療法を行うことが有効である。

また、症状のピーク時には呼吸筋麻痺のため人工呼吸器の装着が必要となる場合がある。

回復期にはリハビリテーションを行うことも重要である。

新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集