脱毛の種類とメリット・デメリット

ムダ毛の処理は、自分で処理をされている方も多いと思いますが、
カミソリや除毛クリームなどでは肌のダメージや効果が弱く、やはり専門のクリニックやサロンでプロにお任せするのが一番。
しかし「脱毛」と言っても種類はさまざま。
脱毛にはどんな種類があり、どの様に違うのかみていきましょう。

各脱毛の特徴

光脱毛(フラッシュ式)

特殊な光を照射し、毛乳頭にダメージを与え、抑毛させる。
光脱毛の光は、フォトフェイシャルという美顔器で使われていたもの。

医療脱毛(レーザー式)

レーザー光を照射し、毛乳頭を破壊させ抑毛させる。

ニードル脱毛(針脱毛)

毛穴1つ1つに針を刺し、電気を毛根に流して毛母細胞を破壊する。

ワックス脱毛(ブラジリアンワックス)

脱毛専用の液状ワックスをあたためてから塗り、固まったらはがします。
ワックス剤と一緒に毛根から抜けてゆきます。

 

  メリット デメリット

光脱毛

(フラッシュ式)

・痛みが少ない

・施術時間が短い

・美肌の効果もある

・肌が弱い人でも施術可能

・産毛や白髪に反応しずらい

・ホクロ、日焼け肌は不可

・永久脱毛ではない

・医療レーザーに比べると効果が低い

・回数がかかる

医療脱毛

(レーザー式)

・短期間で脱毛が完了する

・医療機関で行うため、万が一トラブルがあっても即対応ができる

・麻酔の使用が可能

・産毛や白髪に反応しずらい

・ホクロ、日焼け肌は不可

・医療機関でしか施術ができない

ニードル脱毛

(針脱毛)

・永久脱毛が可能

・ホクロ、日焼け肌でも可能

・部位、毛質を選ばず施術が可能

・痛みが強い

・施術時間が長い

・肌トラブルが起きやすい

ワックス脱毛

(ブラジリアンワックス)

・細かい産毛も処理できる

・カミソリに比べ、次に生えてくるまでの期間が長い

・一度で効果が得られるため、

急用にも対応可能

・複数本の毛を一気に抜き取るため刺激が強く痛みが伴う

・刺激が強いため、肌の弱い方は注意

 

※機器や種類により違いはあります

 

脱毛を自己処理による肌トラブルが軽減され、さらに毎日の面倒なお手入れからも解放されます。
脱毛方法で悩まれている方はぜひ参考にしてください。

 


生活向上WEBでは、随時治験・モニターの募集を行っています。

募集中の治験・モニターがある場合は、下記に表示されておりますので、気になる方はぜひご応募ください。

表示がない場合も、今後入ってくる可能性がありますので会員登録をしてお待ちください。

会員登録後、マイページ内の「疾患情報」に症状をご入力いただくと、対象治験が入った際にご案内する可能性がございます。

 

該当する治験情報はありません。

生活向上WEBで掲載している情報は、情報伝達目的で掲載されたものであり、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。 このHPの情報によって起こったいかなる結果に対しても一切責任は負えませんことをお断りいたします。
本記事の間違いやご指摘については【こちら】にてお問い合わせください。
新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集