【第1回 ヒト・健康・幸せ研究アンケート】結果のご紹介

生活向上WEBおよびオンコロでは、「3Hライフサイエンス研究所」の研究の一環として、「生活向上WEB」に登録いただいている会員さんや「オンコロ」のメルマガ会員さんとの繋がりを深め、皆様をよりよく理解するための定期アンケートをはじめました。

毎月1回ほどのペースで、皆様の身近なテーマでアンケートを行ない、その結果の一部をウェブサイトやメルマガを通してお伝えしていきます!

さて先月行われた初回アンケートの結果がまとまりましたので、ご紹介いたします。ご回答頂いた皆様、ご協力誠にありがとうございました!

アンケートテーマは『患者さんを対象にした調査(アンケートやインタビュー)について』です。

※3Hライフサイエンス研究所は、健康や幸せに資するライフサイエンス分野の研究をメインテーマとして、株式会社クロエが2018年11月に設立した研究所です。

ピックアップポイント

患者さんを対象とした調査(アンケートやインタビュー)に参加したことがある方は24%、約4人に1人が参加経験者でした。

参加経験がある方の中で今後も参加したいと回答された方は9割を超え、一度参加いただくとほとんどの方が今後についても参加意向を示してくださいました。

調査に参加するにあたって気にするポイントTOP3は、「参加者への配慮」、「スタッフの専門性」、「医療への貢献度」でした。ほとんど全ての項目の重視度が高く、医療や社会への貢献、主宰者の実施目的・体制・対応など、さまざまな点が重視されていることがわかりました。

患者さんを対象とした調査の参加経験と今後の参加意向について

何かしらの疾患をお持ちの方で「患者さんを対象とした調査」に参加したことがある方は23.7%でしたが、そのうち93.7%の方が、今後も調査に参加したいと回答くださいました。

これは私たち担当チームの予想を大きく上回り、大変嬉しい結果です。

 

 

同じ質問を、がん患者さんに限定して集計してみました。

がんに関する調査に協力したことがあると回答した方は約半数に上り、がん以外の患者さんと比較して調査に協力した方の割合が高い結果となりました。

今後の参加意向に関しても「積極的に協力したい」「協力したい」の合計はなんと97.2%に上り、141人中137人の方が参加意向を示してくださいました。

そして「あまり協力したくない」「協力したくない」を選択した方は一人もいらっしゃいませんでした。

がん患者さんは、同じご病気の方や医療の役に立ちたいというお気持ちが特に強いことを、アンケート全体を通して感じました。

調査協力の判断に影響する内容について

調査に協力するかどうかの判断に影響する項目を聞いたところ、「参加者への配慮」が最も重要という結果でした。

2番目が「スタッフの専門性」、3番目に「医療への貢献度」と続きます。

「とても重要である」と「重要である」を足した重要度は9項目中6項目が80%を超えており、医療や社会への貢献、主宰者の実施目的・体制・対応など、さまざまな点が重視されていることがわかりました。

協力してくださる皆様の善意をふみにじることのないよう、改めて配慮をしていかなくてはと襟を正しました。

調査結果のまとめ

今回のアンケートを通して、「生活向上WEB」や「オンコロ」を通して出会う皆様は多くの方が調査の参加経験をお持ちである一方、患者さん対象となるとまだまだご経験は少ないこと、また患者さん対象に限らず調査参加においては色々な視点をもって検討されていることが改めて浮き彫りになりました。

この記事には掲載していませんが、「今後の調査参加意向の理由」を文章で回答いただいた内容はとても濃く、嫌な思いをされたご経験やご自身の治療経験を今後の医療に生かしてほしい熱い思いなどが詰まっていました。

私たち「生活向上WEB」および「オンコロ」は、調査にご協力くださる皆様にとっても、依頼してくださる企業様にとっても有意義な調査になるよう、「生活向上WEB/オンコロの調査なら参加したい」と思っていただけるよう、取り組んでいきます。

そして、”調査の目的”や”どう活用するのか”は企業の活動に関係するため全てを開示することは難しいのですが、できる限りお伝えし、皆様がいかに医療に貢献してくださっているかを実感していただけるよう意識していきたいと思います。

今後も月に1回、様々なテーマで「ヒト・健康・幸せアンケート」を実施してまいります。 引き続きご協力の程、宜しくお願い致します!

最後になりますが、回答頂いた方の中から抽選で100名様に1,000円分のAmazonギフトカード(メールタイプ)をメールにてお送りいたします。発表は発送をもってかえさせていただきます。(3月末までのお届け予定)

調査概要

生活向上WEB会員、オンコロメルマガ会員を対象にした、「患者さんを対象とした調査」についてのインターネット調査

実施主体:3Hライフサイエンス研究所

期間:生活向上WEB:2019年2月9日~17日 オンコロ:2019年2月9日~22日

回答数:5,396名

対象者:生活向上WEB会員、オンコロメルマガ会員(全国)

質問数:23問

性別:男性47.5%、女性52.5%

年代:10代~80代

※3Hライフサイエンス研究所は、健康や幸せに資するライフサイエンス分野の研究をメインテーマとして、株式会社クロエが2018年11月に設立した研究所です。

生活向上WEBで掲載している情報は、情報伝達目的で掲載されたものであり、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。 このHPの情報によって起こったいかなる結果に対しても一切責任は負えませんことをお断りいたします。
本記事の間違いやご指摘については【こちら】にてお問い合わせください。
新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集