親子丼とハンバーグの魅力

「好きな食べ物は何だ?」

と聞かれたら、あなたは何と答えますか?

私は迷わず

親子丼ハンバーグです」

と答えます。

親子丼の魅力

親子丼。

鶏肉をグツグツと似て柔らかくし、溶き卵で半熟で閉じる。

ホカホカのごはんの上にさっとすべらせて完成する丼物。

玉ねぎやねぎなどと共に煮たり、お好みでみつばやグリーンピースを乗せることも。

起源は不明ですが、神戸元町の「江戸幸」が出した新聞広告に「親子上丼」「親子並丼」「親子中丼」というワードが見られたそうです。

親子丼のレシピ

材料(一人前)

鶏もも肉 70g

卵 2個

玉ねぎ 1/4個

しょうゆ 大さじ1

みりん 大さじ1

酒 大さじ1/2

砂糖 大さじ1/2


1、鍋に水80ccに上記の調味料を加える。

2、玉ねぎを入れて中火で2分煮る。その間に鶏肉を切っておく。

3、鶏肉を加え、中火で鶏肉に火を通す。

4、溶き卵の60%くらいを入れ、蓋をして弱火で2分煮る。

5、残りの溶き卵も加え蓋をして、中火で10秒煮る。

6、ホカホカのご飯にさっと乗せてできあがり。

親子丼の栄養価

eatsmart(外部リンクに飛びます)によると、親子丼の栄養価は、

エネルギー 657kcal。

たんぱく質 28.0g。

脂質 9.3g。

炭水化物 109.9g。

糖質 107.8g。

食物繊維 1.9g等。

鶏肉にはたんぱく質アミノ酸ビタミンB6が豊富に入っています。

卵にはビタミンB2が、玉ねぎにはビタミンB6が多く含まれています。

ハンバーグの魅力

ハンバーグ

ハンバーグ。

ジュワっとした肉汁、トロける歯ざわり、肉の旨味…。

18世紀頃のドイツ・ハンブルクで「タルタルステーキ」として出され、ハンブルグから「ハンバーグ」になったそうです。

ハンバーグのレシピ

材料(一人前)

牛豚合挽き肉 200g。

玉ねぎ 1/2個。

卵 1個。

パン粉 大さじ1。

牛乳 大さじ1。

塩コショウ 少々。

ナツメグ 小さじ4分の1。

1、ひき肉に塩を振り、手早くこねます。

2、ナツメグを入れ練ったあと、玉ねぎとパン粉を混ぜます。

3、「肉ダネ」を好みの大きさになるように手に取り、右手、左手、右手…と、短い距離でキャッチボールします。厚くしすぎずに作り、最後は中央をくぼませます。

4、強火で表裏1分ずつ両面に焼き色をつけ、蓋をして弱火で8分ほど蒸し焼きに。

ハンバーグの栄養価

カロリーコントロールドットコム(外部サイトに飛びます)によると、100gのハンバーグには、

たんぱく質 25.6g。

脂質 22.9g。

炭水化物 22.9g。

食物繊維 2.8g等。

ひき肉にはたんぱく質アミノ酸が豊富に含まれています。

玉ねぎにはビタミンB6が多く含まれています。

親子丼ハンバーグ

美味しくて栄養のあるこの二つを食べられるモニターがあったら最高ですね。


募集中の治験・モニターがある場合は、下記に表示されますので、気になる方はぜひご応募ください。

表示がない場合も、今後入ってくる可能性がありますので会員登録をしてお待ちください。

会員登録後、マイページ内の「疾患情報」に症状をご入力いただくと、対象治験が入った際にご案内をさせていただく可能性がございます。

該当する治験情報はありません。

生活向上WEBで掲載している情報は、情報伝達目的で掲載されたものであり、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。 このHPの情報によって起こったいかなる結果に対しても一切責任は負えませんことをお断りいたします。
本記事の間違いやご指摘については【こちら】にてお問い合わせください。
新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集