治験No.1の生活向上WEB

治験ホーム >自己診断ツール気になる病気解説生活習慣病とは> メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)

 

あなたのカラダ、大丈夫?

一覧に戻る

《生活習慣病》
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)

どんな病気?

内臓の周りについた脂肪のことを内臓脂肪と言います。この内臓脂肪がたまりすぎた状態を内臓脂肪型肥満と呼びます。

この「内臓脂肪型肥満」の人が「高血糖」「高脂血」「高血圧」といった生活習慣病の危険因子を二つ以上持つ状態を『メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)』と言います。

症 状

自覚症状はほとんどありません。しかし、そのまま放置しておくと「糖尿病」「心筋梗塞」「脳卒中」等の死に至る危険性の高い生活習慣病を引き起こすリスクが高くなると言われています。

検査方法

メタボリックシンドロームの診断基準は以下の通りです。
検査は以下の基準を満たすかどうか判断するために、ウエスト測定・血圧測定・血液検査を行います。

治療法

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の主な治療は食事療法・運動療法・薬物療法になりますが、基本的には生活習慣の改善が重要になります。

運動療法 消費カロリーを増やすために行う。
食事療法 摂取カロリーを抑えるために行う。
薬物療法 運動療法・食事療法の効果を高めるために行う。

生活向上WEBに会員登録(無料)すると、
健康状態が把握できたり、自分に合った健康モニターに参加できます。
生活向上WEBとは?

会員登録(無料)はこちら