治験No.1の生活向上WEB

治験ホーム >自己診断ツール気になる病気解説生活習慣病とは> 肥満症

 

あなたのカラダ、大丈夫?

一覧に戻る

《生活習慣病》
肥満症

どんな病気?

BMIが25以上であることを肥満といいますが、
単に肥満であるだけではなく、「肥満による健康障害がある」または「内臓脂肪が多く蓄積されている」場合、『肥満症』と呼ばれ減量などの治療が必要になります。

詳細な診断基準は以下の通りとなります。

肥満症診断基準

原 因

主な肥満になる原因として、「食べ過ぎ」と「運動不足」の2つになります。
摂取エネルギーが消費エネルギーより多いと、余ったエネルギーは脂肪として蓄積されます。

治療法

肥満症の主な治療は食事療法・運動療法・薬物療法になりますが、基本的には生活習慣の改善が重要になります。

運動療法 消費カロリーを増やすために行う。
食事療法 摂取カロリーを抑えるために行う。
薬物療法 運動療法・食事療法の効果を高めるために行う。

上記のような内科的治療でも効果が出ない場合、脂肪吸引などの外科的治療が行われる場合もあります。


生活向上WEBに会員登録(無料)すると、
健康状態が把握できたり、自分に合った健康モニターに参加できます。
生活向上WEBとは?

会員登録(無料)はこちら