第2の脳・腸について

腸は自律神経にコントロールされ、24時間人の意志とは関係なく自らの意思で働いています。

驚くほど精密にできており、常に体を一定に保とうとする生態恒常性(ホメオスタシス)の維持という役割を担っているともいえます。

そのため第2の脳(セカンドブレイン)とも呼ばれています

体の“関所”・腸

人の消化器官は、口から肛門まで1本の管でつながっています。

私たちが毎日摂る食事は、口から入っただけでは吸収されません。

胃液や胆汁・膵液で分解され、小腸でほとんどの栄養素が吸収され、大腸では水分が吸収されます。

そのことから、口ではなく腸で吸収されて初めて体内に入ったといえます。

食事は、ロから入って肛門から便として排泄されるまでに、消化管を24~72時間かけて移動します。

その長さは全長約9mにも及びます。

消化管の中で最も長いのが腸で、人が生命を維持するうえで、なくてはならない器官といわれています。

十二指腸・空腸・回腸からできており、最終消化と吸収はほとんどここで行われます。

体の窓口である腸は、消化管に入ってくる栄養素を吸収しながら有害な物質は排泄し、さらに体内に菌が侵入するとリンパ球が攻撃し人体を守ります。

まさに、体の入り口を守る“関所”ともいうべき働きをする極めて重要な器官なのです。

この働き者の腸は、具体的にどんな働きをしているのか、3つの基本的な働きを詳しくみていきましょう。

①食べ物を消化し、栄養素を吸収する

 

小腸には「消化」と呼ばれる働きが備わっています。

食べ物に含まれる栄養素を吸収されやすい大きさや形に分解します。

 

消化液で分解

だ液や胃の消化液で、炭水化物とたんぱく質が分解され、腸で脂肪の分解をします。

絨毛から吸収

消化された栄養素は、腸の内側にある絨毛と呼ばれるヒダから体内に取り込まれます。

このヒダを平らに広げると、面積はテニスコート1面分の大きさになるといわれています。

絨毛の内部にはリンパ管や毛細血管がつながっており、栄養素はここを通って体内に吸収されます。

一度肝臓に蓄えられ、その後再構成されて全身へ送られます。

 

②水分を吸収し、便をつくる

 

栄養が吸収されると、大腸には食べ物のカスが残ります。

大腸は盲腸・結腸・直腸に分かれています。

小腸より太く直径3~5センチ、長さ1.5メートル位あり、小腸のような絨毛はありません。

 

水分を吸収し便へ

徐々にカスから水分が吸収され、ほどよい固さの便をつくります。

便は肛門の手前の直腸まで運ばれると、脳に刺激が伝わり、便意を催します。

このように、栄養素が吸収された食べ物のカスからは水分が吸収され便をつくり、それを体外へ排出するのですが、腸の運動が乱れたり、水分が正しく吸収されないと、便秘や下痢を引き起こします

 

③外敵などから体を守る

 

腸と1本で繋がる口からは、食べ物だけでなく細菌やウイルスなどさまざまな病原体も取り込まれてしまいます。

そのため、腸には体にとって好ましくないものを侵入させない働きが備わっています。

腸の内側はネバネバした粘液で覆われ、それが悪い菌の体内への侵入を阻みます。

 

また、腸は「人体最大の免疫器官」と呼ばれているように、外敵の侵入を感知して排除する「免疫」という仕組みが備わっており、その働きに関わる免疫細胞の半分以上が腸に集まっています。

腸が健やかであることが、体全体の健康を守ることにもつながります。

健康の要といえる「腸」をピックアップし、今後も腸内環境をよくするための食事や運動、最近よく耳にする「腸内フローラ」について取り上げていきます。


生活向上WEBでは、随時治験・モニターの募集を行っております。
募集中の治験・モニターがある場合は、下記に表示されておりますので、気になる方はぜひご応募ください。
表示がない場合も、今後入ってくる可能性がありますので会員登録をしてお待ちください。
会員登録後、マイページ内の「疾患情報」に症状をご入力いただくと、対象治験が入った際にご案内をさせていただく可能性がございます。

 

該当する治験情報はありません。

生活向上WEBで掲載している情報は、情報伝達目的で掲載されたものであり、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。 このHPの情報によって起こったいかなる結果に対しても一切責任は負えませんことをお断りいたします。
本記事の間違いやご指摘については【こちら】にてお問い合わせください。
新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集