健康診断の数値の見方

春になり、健康診断のシーズンとなりました。

すぐにでも病院にいくべき異常を見つけたり、今後の生活習慣を決めるために必要な健康診断ですが、こう思ったことはありませんか?

検査報告書の意味がわからない

と。

そこで今回は、健康診断の数字について説明します。

健康診断報告書の見方

健康診断を受けると、「総合検査報告書」というものが配布されます。

そこには、検査項目と測定値と基準値が書かれています。

50個以上の検査項目があるのですが、これら全てが記入されるわけではありません。

主に使われるところから説明いたします。

コレステロール関係

総コレステロール(TCH)

コレステロールとは、肝臓で生成され細胞の膜を構成したり、胆汁酸や性ホルモンを生成する成分。

総コレステロールの基準値は120~219mg/dlとされています。

この値が高すぎると動脈硬化のリスクが高くなります。

HDLコレステロール(HDL)

HDLコレステロールとは、善玉コレステロールとも呼ばれ、血液中の余分なコレステロールを回収し肝臓に運び戻すコレステロールです。

基準値は40~70m/dlで、基準値より低い場合は「低HDLコレステロール血症」と診断されます。

かといって基準値より高くても総コレステロールも高くなっていると判断されよくないので、基準値内であることが求められます。

LDLコレステロール(LDL)

LDLコレステロールとは、悪玉コレステロールのこと。

悪玉コレステロールが多いと、動脈硬化のリスクが高まります。

「高LDLコレステロール血症」になると虚血性心疾患、脳梗塞、糖尿病などのリスクが高まります。

基準値は70~139mg/dlです。

中性脂肪(T-G)

中性脂肪とはブドウ糖が不足したときそれを補う大事なエネルギー源。

エネルギーとして利用されて、余った部分が内臓脂肪などとして蓄えられます。

基準値は50~149mg/dl

基準値より高いと動脈硬化のリスクが高まります。

尿酸関係

尿酸(UA)

尿酸とはプリン体が体内で分解されてできる老廃物。

尿酸が血液に溜まりすぎると高尿酸血症となります。

標準値は女性3.0~5.5mg/dl

男性は4.0~7.0mg/dlです。

高すぎると、痛風のリスクがあります。

尿素窒素(BUN)

尿素窒素とは、たんぱく質が分解されできる老廃物。

本来は尿と一緒に排泄されるのですが、腎機能が低下すると、ろ過できなくなり、血液中の尿素窒素の量が多くなります。

基準値は8~20mg/dl

クレアチニン(Crea)

筋肉にあるクレアチンという物質からでき、尿と共に排泄されます。

基準値は0.7~1.3mg/dl

基準値を上回る場合は「慢性腎炎・腎不全」の疑いがあります。

血糖関係

血糖

血糖と書かれているのは、空腹時血糖のこと。

空腹時の血液中に含まれるブドウ糖の量。

基準値は、110mg/dL未満が「正常型」とされます。

110mg/dL~125mg/dLが「境界型」

126mg/dL以上が「糖尿病型」とされます。

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)とは、ブドウ糖と結びついたヘモグロビン(血色素)で、現時点より過去1〜1.5ヶ月間の平均血糖値を反映します。

HbA1c は、約120日間血液中に存在するため、1~2か月間の血糖の状態を、推測することができます。

基準値は、4.6~6.2%です。

血液関係

白血球数(W,WBC)

白血球は、外部から侵入してきた最近などの異物を撃退する重要な役割です。

基準値は4,000~9,000個/μL

基準値よりも高いと「感染症、胆のう炎、虫垂炎、膵炎などの炎症性の疾患、心筋梗塞、白血病、がん」などが疑われます。

測定値には「60」など、二桁の数字が記載され、それに100をかけた数字で判断することになります。

赤血球数(RBC)

赤血球とは、血液中の有形成分の大多数を占め、肺で酸素と結びつくヘモグロビンを含み、酸素を体の各部に送る働きがあります。

基準値は、女性が380万~480万個/μL

男性が、410万~530万個/μLです。

基準値未満だと、貧血の疑いがあります。

検査票には480など、三桁で記載されており、1万をかける必要があります。

血色素量(ヘモグロビン)

血色素(ヘモグロビン)とは、赤血球の中にあり、酸素を運ぶ役割をするたんぱく質のこと。

基準値は、女性が12~16g/dl

男性が14~18g/dl

男女とも10g/dl以下になると、「中等症から重症の貧血」と判断されます。

ヘマトクリット

ヘマトクリットとは、一定量の血液中に含まれる赤血球の容積の割合のこと。

基準値は、女性が35~45%

男性が40~50%

基準値より低い場合は、貧血の疑いがあります。

MCV、MCH、MCHC

MCVはヘマトクリットを赤血球数で割ったもので、赤血球1個の大きさを表します。

基準値は84~99fl

MCHはヘモグロビンを赤血球数で割ったもので、1個の赤血球中に含まれるヘモグロビン量のことです。

基準値は26~32pg

MCHCは1個の赤血球中に含まれるヘモグロビン濃度のこと。

基準値は32~36%

血小板数

血小板は、血液を凝固させて出血を止める働きがあります。

基準値は15万~40万個/μL

血小板の数が減ると出血が止まりにくくなります。

Neutro

好中球。

白血球の一種で細菌から生体を守る作用をします。

基準値は40~69%

BASO

好塩基球。

白血球の一種でアレルギーに関係します。

基準値は0~2%

Eosino

好酸球。

白血球の一種でアレルギーに関係します。

基準値は0~5%

Lymph

リンパ球。

白血球の一種で異物から生体を守る作用をします。

基準値は26~46%

生活向上WEBで掲載している情報は、情報伝達目的で掲載されたものであり、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。 このHPの情報によって起こったいかなる結果に対しても一切責任は負えませんことをお断りいたします。
本記事の間違いやご指摘については【こちら】にてお問い合わせください。
新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集