口臭の原因は??

口臭の原因は??

友人とおしゃべりしているとき、会社で仕事の話をしているとき、恋人と今後の話をしているとき、お口のニオイ気になりませんか?

どんなに口臭対策を行ったとしても、生理的なものとして口臭は誰にでもあります。

しかしながら、様々なことで口臭が強くなり、常態化する「病的口臭」になると治療が必要になってきます。

具体的に口臭はどのように発生するのか、どのような改善方法があるかなど書いていきます。

原因は大きく分けて5つ

生理的による発生

起床直後(起床時口臭)、空腹時(飢餓口臭)、緊張時(緊張時口臭)は特に口臭は強まります。

これは唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物がたくさん作られるためです。

しかし、歯みがきで細菌やVSCが減少し、食事をしたり、水分を積極的に補給するようにすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります

したがって生活習慣の改善でよくなり、治療の必要がありません。

また女性の生理・妊娠時などホルモンバランス変化に伴う口臭、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老齢期、それぞれの年代固有の臭気(加齢臭)、民族的な口臭もあります。

嗜好品や食事などから発生

嗜好品だとたばこ、そしてお酒。

食事だとネギ類、ニンニクなどによる口臭は一時的なもので、時間の経過とともに臭いも無くなりますので治療の必要はありません。

しかし、歯磨きなどを怠り放置しているとニオイが取れにくくなってしまいます。

体調不良

鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で口臭が起こる場合もありますが、病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯(う蝕)、歯垢(しこう)「歯の周りに付く細菌の固まり」、歯石、舌苔(ぜったい)「舌の表面に付くコケ状の細菌の固まり」、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。

病気の原因を治療することで口臭を減らしたり、治すことができますので診断を受けてください。

ストレス

仕事のトラブル、友人との口論、家族問題などストレスを受ける環境は幅広くあります。

こしたストレスにより唾液の分泌量は減少してきます。

唾液が減少すると口の中は乾き、結果的に口の中が臭くなります。

心理的による発生

自分自身で強い臭いがあると思い込む人がいます。

口臭を防ぐには

実は、食後の口の中の細菌状態は、一日のうちでもっとも良い状態です。

したがって、食後は口の中の細菌の活性がなくなるため、病的な口臭がある人でも口臭は消えます。

しかし過度に歯磨き剤で磨いてうがいをすると、口の中を清潔に保つ作用がある食後の「唾液」を全て失ってしまいます。

すると食後しばらくして口腔内の乾燥や酸性化を引き起こし、口臭の原因になってしまうのです。

では食後のケアはどのようにしたらよいのでしょうか。

食後は歯の隙間や舌の上に微細な食べかすなどがありますが、唾液によって口の中は中性に保たれるため微生物の発生も抑えられます。

しかし口の中を中性に保とうとする力が弱い人は唾液が酸性化し、食後しばらくして口臭が発生し虫歯の原因になります。

ですから、食後はできるだけガムを噛むなどして舌の上を美しくし、唾液の分泌を促進させて、口の中を中和することが大切です。

病院で改善

近年、「口臭外来」を設置する大学病院やクリニックも増えてきていて、全国に推定ではありますが1000施設程度はあります。

口臭外来は定期通院をするのでどうしてもお金はかかってしまいます。

しかし、メリットは十分にあります。

1.専門医による問診

やはり餅は餅屋。

ご自身で解決するにはどうしても限界がありますので、専門医にヒアリングしてもらうだけで改善の可能性がぐっと上がります。

2.精密な検査や専門治療を受けられる

専用の機器で治療することになり、ご自身で毎日頑張るより時間が短縮され、定期的にケアも受けられます。

3.医療用サプリメント

これは病院やクリニックにもよりますが、市販されていない医療用サプリメントを購入することが可能です。

自分の口臭は相手が不快になるほどにおうのか、自分ではよくわからないのがとても悩ましいです。

逆に相手の口臭が鼻をついても、面と向かって「くさい」とは言いづらいですよね。

最近は口臭対策グッズも増えて、 簡易に口臭を測れる「ブレスチェッカー」などもあります。

毎日ケアしても気になる人、実際に固執レベルを知りたい方などはぜひ試してみてください。

 

参照元:http://urx.blue/MfKm

   :https://bit.ly/2yt3Ae1

生活向上WEBで掲載している情報は、情報伝達目的で掲載されたものであり、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。 このHPの情報によって起こったいかなる結果に対しても一切責任は負えませんことをお断りいたします。
本記事の間違いやご指摘については【こちら】にてお問い合わせください。
新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集