倍率3.84倍!人気の福岡マラソンの魅力とは

福岡マラソンは、毎年11月に福岡市内から糸島市で行われるマラソン大会です。

2018年11月11日には、倍率3.84倍の抽選で選ばれたランナー達が秋風のなかを走り抜けました。

県内外から、フルマラソンには1万1674人、5.2キロのファンランには2053人、車いす競技には17人が参加しました。

福岡マラソンは、福岡の市街地から海沿いを通って自然豊かな糸島半島まで福岡県の魅力をたっぷり楽しめるコースとなっています。

 

1989年から2012年まで毎年ハーフマラソンの大会である「シティマラソン福岡」が行われていました。

第1回の「福岡マラソン」は2014年11月9日に開催され、フルマラソンの大会になりました。

福岡マラソンになってから、一般・車いすの5km部門(ファンラン)も設定されました。

福岡マラソンのコース

福岡マラソン天神

スタート 渡辺通り天神交差点

百道中央公園 5.3km

小戸西交差点手前 9.9km

今宿駅前交差点先 14.3km

九州大学伊都キャンパス 19.8km

今津運動公園 25.0km

北崎小学校 29.8km

昭和バス西浦待機所 32.9km

伊牟田交差点手前 36.9km

吉田三叉路手前 40.1km

フィニッシュ 糸島市交流プラザ志摩館 42.195km

コースの魅力

福岡マラソン生の松原

普段は福岡の中心地・天神を走ることができませんが、福岡マラソンの時は思いっきり大都会を走り抜けられます。

天神からスタートし、徐々に自然豊かな景色に代わり、美しい海と山を感じながら糸島を目指すコースです。

都心部だけでなく、潮風も感じられるため、42.195㎞を福岡の魅力を感じながら、飽きることなく走ることができます。

地元福岡県民の声援

コースの沿道には、毎年約25万人がランナーに熱い声援を送ります。

地域ごとに工夫された応援や、運がよければ海でヨットを楽しんでいる人から声援を受けることもあります。

地元、福岡県民の温かさに触れ、ランナーの疲れも軽減することでしょう。

また、第5回大会から、ナンバーカードに名前が大きく表示されるようになったため、沿道の応援者からニックネームで声援を受けることもあります。

普段の旅行やランニングでは体験できない、地元の人とのコミュニケーションも忘れられない思い出になることでしょう。

福岡名物を堪能

給水所はコース上に合計13ヵ所あります。

給水所には、バナナやみかん、清涼飲料水などはもちろんのこと、「博多通りもん」「博多ピエスドール」「チロリアン」「鈴乃〇餅」などの有名銘菓もあります。

また、スポーツマシュマロや豆乳うどん久原本家のだしスープ、元岡トマトなどもあり、美味しくて栄養価の高いラインナップとなっています。

フィニッシュ会場では、カキや糸島牛など地元の食材を使ったおもてなし料理もたくさんあります。

走り抜けた後に食べる福岡名物料理も楽しみのひとつではないでしょうか。

ボランティアの活躍

福岡マラソンを陰で支えているのは、ボランティアの方々です。

残念ながらランナーの抽選に漏れてしまった方は、ボランティアとしての参加を考えてみてはいかがでしょうか。

2018年のボランティア内容

ランナー受付:ランナーの本人確認やナンバーカード・参加賞の引き換え

手荷物預かり:スタート会場でランナーの手荷物を預かる

完走タオル・メダル配布:フィニッシュしたランナーにタオルやメダルを配布

給水所:ランナーに水やスポーツドリンク、食べ物などを提供

コース設営・整理:コースにコーンを配置、観客がコースに飛び出すのを防ぐなど、ランナーと観客の安全確保

案内・誘導:ランナーを各会場まで案内、距離表示の看板等を持ってランナーを誘導

福岡マラソン プレイベントも毎年開催

福岡マラソンが開催される数か月前には「First Stepプロジェクト」というプレイベントが開催されました。

「故障しない走り方」をテーマにケガを予防するための走り方や、ボディケアについての講義、「足裏で感じよう!完走の秘訣」をテーマに砂浜での効果的なストレッチやトレーニングの講習など内容は盛りだくさんです。

プレイベントでは、福岡マラソンの本番を見据えたトレーニングも行われており、有意義な内容となっています。

マラソンに取り組む市民ランナーの安全 10 か条

福岡マラソン

マラソンを安全に行うために、日本体力医学会ガイドライン検討委員会と公益財団法人日本陸上競技連盟維持委員会が共同で「マラソンに取り組む市民ランナーの安全10か条」を定めています。

10か条を参考にして、楽しく安全にマラソンに参加しましょう。

1.普段から十分な栄養と睡眠をとりましょう

2.喫煙習慣をやめましょう

3.メディカルチェックを毎年受けましょう

4.生活習慣病がある方は、かかりつけ医とよく相談しましょう

5.計画的なトレーニングをしましょう

6.気温、湿度に適したウエアの着用と、適切な水分補給をしましょう

7.胸部不快感、胸痛、冷や汗、フラツキなどがあれば、すぐに走るのを中断しましょう

8.足、膝、腰などに痛みがあれば、早めに対応しましょう

9.完走する見通しや体調に不安があれば、やめる勇気を持ちましょう

10.心肺蘇生法を身につけましょう

次回の福岡マラソンは2019年11月10日に開催予定です。

福岡市・糸島市を走り抜けながら、福岡の自然とともにグルメや地元の方とのふれあいも楽しめる福岡マラソン。

毎年、倍率も高く注目されている福岡マラソンに家族や友人、恋人と参加してみてはいかがでしょうか。

生活向上WEBで掲載している情報は、情報伝達目的で掲載されたものであり、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。 このHPの情報によって起こったいかなる結果に対しても一切責任は負えませんことをお断りいたします。
本記事の間違いやご指摘については【こちら】にてお問い合わせください。
新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集