腰痛で行ってもいいの?保険は効くの?「整骨院」でできること、先生に聞きました―前編:整骨院の基本―

運動での怪我をはじめ、捻挫や打撲などをしてしまったとき、あるいは日常生活で肩こりや腰痛を感じたときに、整骨院(接骨院)を利用しようかなと考えたことがある方は多いと思います。でも、「どんな症状で行くところなの?」「どこまで治療してもらえる?」「病院や整体との違いは?」など、疑問に思ったことはありませんか? そこで今回は、世田谷区・奥沢にある「保健メディカル整骨院」の吉村瑶祐院長に、お話を伺いました。

整骨院ってどんなところ? どんなときに利用したらいいの?

保健メディカル整骨院の吉村瑶祐院長

保健メディカル整骨院の吉村瑶祐院長

――本日はよろしくお願いいたします。

吉村先生「こちらこそ、よろしくお願いいたします!」

――街を歩いていると、たくさん見かける「整骨院」(接骨院)ですが、どのようなところなのでしょうか?

吉村先生「整骨院や接骨院は、『柔道整復師』という資格を持つ人が開業している施術所です。日常生活や、スポーツ活動中、勤務中、交通事故などによって発生したケガ(外傷や痛み)に対して治療を行うところですね。ちなみに柔道整復師とは、基礎医学と骨折、脱臼などの柔道整復術、関係法規などを学んで、国家試験に合格した国家資格者。その専門性から、整骨院のほか、医療機関やスポーツの現場、介護事業所などでも活動しているんですよ」

――なるほど、国家資格を持った専門家がいる施設なんですね。では、どんなときに訪れたらいいのでしょうか?

吉村先生「整骨院では、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷など、外傷性が明らかな原因による、骨、筋肉、関節など運動器系のケガをされたときに治療を行います。痛みの少ない施術で腫れや痛みを軽減させ、早期の日常生活復帰に努める、という感じですね。ですから、運動器系のケガをされた場合には、早めの受診をお勧めします。早期に対応することで、腫れや痛みを軽減することができるからです」

――ケガをしたら、早めに診てもらうことが大切なんですね。では実際に行った場合、どんな施術をしてもらえるのでしょうか?

吉村先生「柔道整復術の方法は、『整復法』『固定法』『後療法』の3つに分類されます。『整復法』は、脱臼し、ずれたり外れたりした骨を元の状態に戻す方法。『固定法』は、脱臼や骨折した患部を固定して回復を図る方法。『後療法』は、患部の回復を早めるために様々な刺激を加えながら治療する方法です。この『後療法』には、電気や光、熱や水などの物理的エネルギーを利用して刺激を与えることで正常な身体機能を取り戻していく【物理療法】、手を使って患者の体に刺激を加えることで自然治癒力を引き出す【手技療法】、リハビリによって機能回復を図る【運動療法】の3種類があります。僕の整骨院では手技療法をメインに、低周波や超音波、衝撃波などの最新機器を使った物理療法を行っています」

――「手技療法」っていうのはどういうものですか? なんとなく想像できますが、具体的には何をやるんだろうっていう……。『バキッ』みたいなイメージ?

吉村先生「簡単にいうと、マッサージみたいなもので、筋肉や関節の動きを調整することで身体の痛みや不快感をやわらげる療法ですね。『バキッ』みたいなもの……ああいうのは矯正って言い方するんですけど、僕は、矯正は全くしないので、安心して来ていただければと思います」

保険診療も可能。適用なのはどんなとき?

――こちらには「各種保険取扱い」という表示がありますが、健康保険を使って診療できるのですか?

吉村先生「そうなんです。整骨院では、負傷原因がはっきりしている外傷性のケガの場合、健康保険の適用ができます。慢性化していない、急性、または亜急性のケガが対象ということで、基本的には、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷。大体目安として、ケガをした当日から1週間以内のケガっていうのが、整骨院が保険対応できる範囲の期間ですね。それ以降になると、慢性疾患っていう扱いになる場合もあるので。ですから、日常生活における肩こり・腰痛などには保険は利用できませんが、ぎっくり腰や肉離れなどの急性の症状には保険が適用できる、と考えていただければいいと思います」

――先に病院で医師の診断を受けてから……でなくてもOKですか?

吉村先生「大丈夫です。さきほど挙げた急性のケガに限っては、僕ら柔道整復師がケガと認知して、治療していいですよ、健康保険を使って施術していいですよ、という扱いなので。ただ、脱臼・骨折の治療に関しては、医師の同意が必要です。病院でレントゲンを撮り、診断を受け、同意書をもらったら、さきほど言った『後療法』という形で、患部の回復を早めるための施術をする、という流れです」

――なるほど。でも自分ではケガの判断が難しいときもありますよね?

吉村先生「そうですね。ご自身で判断がつかないときはまず受診してください。たとえば骨折や脱臼の疑いがあれば、僕らが応急処置で整復をしてから、整形外科を紹介し、きちんと診断をもらってから、また戻ってきてもらい治療するということもあります。医療機関との信頼関係がありますし、連携もスムーズですよ」

――わからない場合の判断はお任せしていいんですね。逆に、急性のケガではなく、仕事や日常生活の疲れ、肩こりがひどい、過去のケガのケアをしたい、なんていう場合は、保険外の診療ということになるんですよね?

吉村先生「そうです。急性・亜急性ではない場合、健康保険は適用されません。また、3か月以上の長期の施術になったときや、同時に4部位以上の施術になったときは、その理由を書面で出す義務があります。また、重複受診になるため、ケガで医療機関の治療を受けている間は、整骨院で保険を使った施術を受けることはできません」

保険外診療にメリットも。整骨院を上手に利用しよう!

保健メディカル整骨院の吉村瑶祐院長

――では、病院などで治療を受けているときに、同じケガで整骨院を併用した場合は、全額自己負担になるということ?

吉村先生「そうですね。お医者さんから了承を得ていれば、後療法という形で保険適用ができる場合もありますが、基本的には保険外診療ですね」

――保険外、いわゆる自由診療だと、同じ整骨院というくくりでも価格帯が大きく違うこともありますよね? すごい先生だとすべてのメニューが『要相談』みたいな。いくらなんだろうって、ドキドキして入れない、みたいなところもあると思うんですが……。

吉村先生「たしかにありますね。そのように思われる理由として、いくつか考えられます。1つは、法律として広告の規制があり価格を掲示できないのです。ただ、よく『60分2980円!』などといったリラクゼーション目的で宣伝している整骨院を見かけます。そのような看板をよく見るので、世間的には安く保険を使ってマッサージしてもらえる場所、と誤解をされているのも事実です。本来はケガを治すところですので、その誤解を防ぐためだと考えられます」

吉村先生「2つ目として、病院をイメージしてください。『〇〇の治療は△△円です』という決まったものはなく、診察および治療終了後に本日の治療費を請求されます。つまり、人それぞれで症状が異なりますので、その症状を改善するための治療方法を都度選択し、その上でご請求しているはずです。『時間=治療費』ではないということです。当院でも、病院と同様にしっかり問診をして患者様それぞれにあった治療プランをご提案しております。でも『入りづらい』『入れない』っていうのは、一番僕らにとって良くないことなので。この整骨院では、看板には出していないんですけど、ホームページには診療料金を細かく分かりやすく表示しているんですよ」

――本当だ。保険外診療でも思ったより高くないですね。

吉村先生「そうなんです。皆さんに安心して来ていただきたいので。それと、早期回復や高い治療効果を望む方のために、新しい知識や最先端の機器も取り入れているので、一日も早く治したい方や、根本的な回復を望まれる方は、ぜひ相談してもらえればと思います」(後編に続く)

施設プロフィール

施設名:保健メディカル整骨院
院長:吉村 瑶祐
住所:東京都世田谷区奥沢8-32-12
TEL:03-5760-6939
FAX:03-5760-6940

吉村 瑶祐

2018年2月に保健メディカル整骨院を開業。
それまでは日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、柔道整復師の資格をもちながら、プロのフットサルリーグ(通称Fリーグ)の加盟チームのトップチーム専属トレーナーとして帯同。他にもスポーツトレーナー資格習得のための養成校にて現場での経験を活かし教鞭をふるっていた。

■出典・関連リンク

保健メディカル整骨院(外部リンクに飛びます)
厚生労働省 柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて(外部リンクに飛びます)

生活向上WEBで掲載している情報は、情報伝達目的で掲載されたものであり、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。 このHPの情報によって起こったいかなる結果に対しても一切責任は負えませんことをお断りいたします。
本記事の間違いやご指摘については【こちら】にてお問い合わせください。
新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集