逆流性食道炎ってどんな病気?

逆流性食道炎ってどんな病気?

逆流性食道炎とは、 胃酸を含んだ胃の内容物が食道へと逆流することで起こる病気です。

日本人には少ない病気であると考えられていましたが、食生活の欧米化による肥満の増加や、胃粘膜の炎症によるピロリ菌感染率の低下などの様々な要因が重なり、日本人でも 逆流性食道炎が急速に増えてきていることが知られています。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎は多彩な症状を有する疾患ですが、いくつかの典型的な症状があります。

胸やけ

呑酸(どんさん)※のどの辺りや口の中が酸っぱいと感じること

胸の痛み

のどの違和感、咳

口の苦味

症状の感じ方は人によって異なります。

胸やけという症状一つにしても「酸っぱいものが上がってくる」「食べ物がしみる」「胸が焼ける」「胃酸が上がる」など多彩な表現をされることが多く、このような症状であれば自覚される方も多いのではないでしょうか。

逆流性食道炎の原因

胃の中には胃酸という酸性の強い消化液があり、この胃酸が逆流することで食道の粘膜が障害を受けて食道炎を生じます

胃の主な仕事は、酸を作って食べ物を消化することであり、胃酸が胃の中に存在すること自体は悪いことではありません。

食道と胃の境目には胃酸の逆流を防ぐ装置のようなものがついており、このため通常は胃酸が食道内へ逆流することはありませんが、 食道裂孔ヘルニアがあったり食道の筋肉が一時的に緩んだりすると逆流を生じてしまうのです。

また、腹圧が上昇することで逆流の勢いが増加しますので、食べ過ぎた後や肥満の人に逆流が生じやすくなることが知られています。

ベルトを強く締めすぎたり、前屈みの姿勢をとったりすることも腹圧を高める要因になるので注意が必要です。

逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎の治療には、主に 「生活改善・薬物療法・外科的治療」の3つがあります。

生活改善

前項で、食道の筋肉の一時的な緩みが逆流性食道炎の原因になることをお話ししましたが、この 食道の筋肉の緩みは脂肪を摂取したときに分泌されるホルモンや様々な食物に影響されることが知られています。

食事内容によっては逆流性食道炎を起こしやすくなるものがあります(図1)ので、食事などの生活習慣を改善することが治療に有効と考えられています。

 

図1 逆流性食道炎を起こしやすい食品・食事

分類 主な食事内容
高脂肪食品 揚げ物、焼き肉、脂身の多い肉料理
高浸透圧食品 ケーキ、あんこ、チョコレート、パン、イモ類
酸性食品 柑橘類、トマト製品、酢の物
香辛料 とうがらし、わさび
その他 炭酸飲料、アルコール飲料

※図1:日本医事新報社・糖質摂取とGERD症状の関連は?【高浸透圧食品が直接食道粘膜刺激を誘発する】(表1)を元に作成

https://goo.gl/f6pyDF

 

薬物療法

現在では逆流性食道炎の治療は薬物療法が手となっています。治療に使用される内服薬は以下の図2に示すようなものがあります。

 

図2 逆流性食道炎の主な治療薬

種類 働き・効果
プロトンポンプ阻害薬(PPI) / H2受容体拮抗薬 胃酸の量を抑え、胃酸過多の状態を改善する
消化器運動亢進薬 食道に逆流した胃酸を胃に戻す
制酸剤 食道に逆流した胃酸を中和する

※図2:日本消化器病学会・食道で増えている病気-逆流性食道炎と食道癌-(図5)

https://goo.gl/aTWz9Z

 

外科的治療

薬物治療の効果が乏しい場合や、食道炎による粘膜障害によって出血を繰り返すような方には、手術により逆流を防止する治療が行われることがあります。

 

参考:日本消化器病学会・食道で増えている病気-逆流性食道炎と食道癌-

https://goo.gl/aTWz9Z

 

生活向上WEBでは、逆流性食道炎または胃食道逆流症(GERD)の方を対象とした治験の募集を実施しております。

「お薬を使用しているのに症状が改善しない」と悩まれている方は是非ご応募下さい。

該当する治験情報はありません。

生活向上WEBで掲載している情報は、情報伝達目的で掲載されたものであり、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。 このHPの情報によって起こったいかなる結果に対しても一切責任は負えませんことをお断りいたします。
本記事の間違いやご指摘については【こちら】にてお問い合わせください。
新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集