美白のために冬の紫外線対策

最近は、寒さも深まり冬も本番を迎えてきました。

冬は夏に比べて、日照時間や日差しも弱く感じるため、ついつい美白のための紫外線対策を忘れがちではないでしょうか。

実は、冬も紫外線は降り注いでおり、乾燥のひどい冬こそ、美白のための紫外線ケアは重要です。

今回は、美白の大敵である紫外線と、その対策について解説します。

紫外線とは

紫外線対策

紫外線とは、日焼けの原因となる目には見えない光線で、波長の長さによってUV-AUV-BUV-Cの3つに分けられています。

UV-Cは、オゾン層で完全にさえぎられて地表には届かず、UV-Bもオゾン層に遮られ地表に届く量は少量です。

しかし、UV-Bはオゾン層の変化によって届く量は影響されるため、増加が懸念されています。

またUV-Aは、影響は少ないですが、多くが地表に届き、長い時間肌に当たると影響があるといわれています。

紫外線の影響

UV-Aは、肌を褐色に変える作用があり、UV-Bは皮膚炎を引き起こす作用があるといわれています。

UV-Cは、オゾン層によって遮られるため、日常で浴びる可能性はほぼありません。

しかし、もし浴びた場合は角膜炎など、重大な影響を及ぼす危険性があります。

また、皮膚ガンの発生の危険性は、UV-Cが最も高く、次いでUV-B、UV-Aとなります。

美白の大敵!日焼けの種類

日焼けは、サンバーンサンタンに分けられます。

サンバーンは、紫外線に当たると数時間後から皮膚が赤くなる現象です。

サンタンは、赤い日焼けが収まった数日後に肌が黒っぽくなる日焼けのことです。

サンタンは、個人差はありますが、数週間~数か月続くといわれています。

紫外線は365日降り注ぐ

紫外線量のピークは5月〜8月にかけてですが、9月〜10月でもあっても、紫外線量は初夏とほとんど変わりません。

また、曇りや雨の日も、UV-A・UV-Bともに、多くの紫外線が降り注いでいるのです。

自分が感じる感覚とは異なり、365日紫外線は降り注いでいるのです。

紫外線対策は冬こそ重要

12月〜2月の冬の季節は、1年のうちで最も紫外線量が少ない季節です。

しかし、シワやたるみなどに影響するといわれているUV-Aは、季節による変動が少なく常に降り注いでいます。

冬のウィンタースポーツでは、ゲレンデは標高が高く、UV量はほぼ真夏と同量です。

また、秋から冬は太陽の位置が低くなり、太陽の反射角で額や頬にも紫外線が広く当たるため、注意が必要です。

乾燥も美白の大敵

冬は、湿度と気温が下がるため、肌の水分が蒸発してしまう量は多くなります。

また、冬はメラニンの量は減ることがなく肌に蓄積されたままの状態です。

メラニンが蓄積した状態で湿度が下がり、皮膚が乾燥すると、メラニンを生み出すメラノサイトが活性化し、シミ悪化因子を生成してしまいます。

メラニンを過剰に生み出そうと働くため、カサつきやゴワつき、どんよりとしたくすみが目立ちやすくなるのです。

冬は、乾燥へのケアも同時に行うことで美白へつながるといわれています。

美白のための日焼け対策

紫外線対策2

基本的に、日焼けをしてからのお手入れでは遅いといわれています。

日焼け後に行うローションなどでのお手入れは、痛みを抑えるなどの効果はあるとされていますが、美白などの効果は低いと考えられます。

また、春夏に比べて、秋冬は日差しが弱くなるため、つい油断して美白のための日焼け対策をやめてしまいがちです。

美白のためには、何よりも紫外線の浴びすぎを防止することが最も大切です。

正午前後を避けてアウトドアを楽しみましょう

紫外線は、正午前後に最も強くなるという研究結果が出ています。

できるだけ、正午前後の太陽が最も高い位置にある時間帯はアウトドアでの活動を避けましょう。

日傘や帽子を活用しましょう

日差しが強い時間帯の外出時には、日傘や帽子を活用しましょう。

日傘や帽子は、直射日光を遮ってくれるため、肌へのダメージが少なくなります。

しかし、日傘や帽子を活用しても、大気中で散乱している紫外線までは防ぐことはできないといわれています。

衣服で肌を覆いましょう

長袖シャツなど、肌を覆う部分の多い衣服を着ましょう。

濃い色調で目が詰まっている衣類は、皮膚に到達する紫外線量を減らす効果が期待できます。

しかし、暑い季節は通気性の悪い服では熱中症の心配もあります。

心地よく身に着けられる自分に合った素材を選びましょう。

日焼け止めを使いましょう

衣類で覆うことができない部分には、日焼け止めを使いましょう。

日焼け止めは、小まめに塗りなおすと、紫外線への効果が高いといわれています。

冬は、紫外線量自体は真夏に比べると減りますが、曇りや雨の日も紫外線は降り注いでいます。

また、冬は紫外線量の多い場所で行うウィンタースポーツの機会や、太陽光の反射角の影響もあり、紫外線対策への油断は大敵です。

また、乾燥はメラノサイトを活性化させ、シミの原因となるため、冬の乾燥にも気を付けましょう。

今回の紫外線対策は、どれも簡単に始められるものばかりです。

ついつい紫外線のことを忘れがちな寒い冬こそ、しっかり対策して美白に近づきたいですね。

生活向上WEBで掲載している情報は、情報伝達目的で掲載されたものであり、治療の正確性や安全性を保証するものではありません。 このHPの情報によって起こったいかなる結果に対しても一切責任は負えませんことをお断りいたします。
本記事の間違いやご指摘については【こちら】にてお問い合わせください。
新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集