COPDに関する症状,原因,対処方法について

COPD

【症状】

COPDとは、慢性閉塞性肺疾患と呼ばれている病気である。

慢性の咳や痰、ぜーぜーという息切れの症状がでて、病状が進行すると、安静にしていても呼吸困難を感じる。

病状の進行と共に、ウイルスや細菌などによる気管支炎や肺炎を合併しやすくなる。

 

さらに慢性の呼吸困難が増すと共に食欲低下、痩せ、活動性低下、稀にうつなどの精神症状が見られることがある。

COPDは、潜在患者数530万人とも言われており、さらに、日本の死亡原因の10位になっている。

 

【原因】

COPDの原因は大きく4つに分けられる。

・喫煙

・粉塵粒子

・大気汚染

・乳幼児期の呼吸感染症

なかでも、喫煙習慣が主な原因であることから「肺の生活習慣病」と呼ばれ、

喫煙歴20年を超えると、COPD発症の確率が上がるといわれている。

 

【対処方法】

COPDは主に喫煙者や喫煙暦のある人に多い病気であることから、

タバコをやめることが基本的な原則であるが、万が一罹ってしまった場合は、

重症度によってワクチンや薬物療法、呼吸リハビリテーションなど、

様々な治療法によって病気の進行を遅らせたり、症状を和らげることができる。

新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集