うつ病に関する症状,原因,対処方法について

うつ病

【症状】

うつ病とは、強い憂鬱な気分と共に、精神や身体の症状が長く続き、日常生活に支障をきたすことを指す。

主な症状としては、睡眠障害による不眠の為、早朝に体調や気分が悪く、夕方になると、多少良くなるという、

体調や気分が1日のうちに変動する(これを日内変動という)ことである。

 

最も注意すべき症状としては、病気の初期、回復期に自殺願望を抱くことである。

その他、うつ病には下記のような症状が見られる。

■精神症状

・「気が沈む」「気分が優れない」等、周囲のことに興味・関心を失っている

■思考症状

・思考がうまくまとまらず、能率が低下する ・思考内容が悲観的となったり、自己評価が低下する ・ちょっとした体の不調を重大な病気ではないかと思い悩む

■行動症状

・行動面でも活動量および活動意欲の低下が見られる ・表情の変化や身振りが少なくなり、動作も動きが乏しく、緩慢でおっくうそうに見える ・日常生活を行うことが難しくなり、やり始めても長くかかってしまう ・行動の抑制がさらに強くなると、無言、無動でまったく反応のない状態になる

■身体症状

・睡眠障害 ・食欲減退 ・性欲減退 ・その他、便秘、唾液や涙の分泌減少、口渇、頭痛、頭重、視力や聴力の障害、心筋梗塞など

【原因】

うつ病の原因としては、生まれつきの素因と考える人もかつては多かったが、

現在は、年齢、環境、ストレスなどの精神的要因が複雑に絡み合っているため、

明確な原因は分かりにくいと考えられている。

 

うつ病になりやすいタイプの人とししては、まじめで几帳面な人、融通の利かない人、

他人に対して気配りが行き届いた人など、社会的には模範となるような人に多いと言われている。

 

【対処方法】

治療方法としては、休養と薬物療法が主流である。

休養を取ることで自然に治ることもあるが、薬物療法(抗うつ薬投与)を行うことによって、

より安全で迅速に患者の様々な症状を軽減することが出来る。

新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集