インフルエンザについてに関する症状,原因,対処方法について

インフルエンザ

【症状】

普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴です。感染すると、1〜5日程の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。健康な人の場合は、その症状が3〜7日間続いた後、健康状態に向かいます。また、気管支炎や肺炎を併発しやすく、最悪の場合は脳炎や心不全になる可能性もあります。

インフルエンザは主にA・B・C型の3種類が存在します。

A型とB型は感染力が強いとされます。

C型は小児の間で感染することが多く、それほど症状は重くはありません。

 

【原因】

約90% ウイルス感染になります。

他にも、飛沫感染(ひまつかんせん)という、インフルエンザウイルスに感染している人の咳やくしゃみのしぶきを吸い込むことで感染します。

不規則な生活や栄養が偏った食生活等で免疫力が低下している時は、ウイルス、細菌などの感染で病気を起こす可能性は高いです。

 

【対処方法】

インフルエンザかもしれないと思ったら、早急に専門医の診察を受けてください。病院で処方する薬には、インフルエンザウイルスの即効薬もあります。

インフルエンザウイルスは市販薬では効果が望めません。

そして、最悪の場合、悪化すると肺炎になる可能性もあります。病院が処方する薬を早期

に飲み続けると症状が短期間になるため、重症化が予防できます。

もちろん、安静に十分に睡眠をとることが治療にとっては大切ですね。

新規会員登録
  • 健康な方
  • 疾病持ちの方
  • 健康食品
  • 美容・コスメ
  • その他

特集